行政書士資格が誰にとっても用途があることを示すデータ

*

行政書士資格が誰にとっても用途があることを示すデータ

行政書士は、誰でも目指せるとよくいわれる資格です。受験資格が取り払われていることは
他のページでも書いている通りですし、最近は情報の拡散が非常に速い時代でもあることから、
全国的に受験熱が高まっています。

幅広く活用できる行政書士資格

行政書士資格をめぐる、性別による隔ての最新事情


行政書士は、他のページでも書いていますが性別に関する隔てもありません。
行政書士の仕事は「ブレーンワーク」であり、女性が末永く、一生の仕事としてやっていけます
また、女性にこそ頼まれる仕事もどんどん増えていくと考えられます。

女性の行政書士が目立たないのは、実際に働いている女性が少数にとどまっているから
でもあります。しかしこれはもったいないことでもあるでしょう。

行政書士合格者の性別比率参考:性別で見る行政書士資格試験合格者の割合:平成25年度(2013年度)

実は、同じブレーンワークであり法曹系の資格である「社会保険労務士」あたりと比べても、
女性の受験者・合格者は3分の2くらいにとどまると推定されています。
これは行政書士が、女性にとって活躍しやすい仕事であることを思い起こすと、さびしい
ことでもあります。どんどん女性の割合が増えてほしいと思わずにいられなくなりますね
(実際に、今後はこの割合も変わっていく可能性がありますが)。

行政書士資格をめぐる、年代による隔ての最新事情


受験する際に、年齢制限がない試験でも(行政書士として登録するには、
未成年の間は無理ですが)あるため、実際に多様な世代が受験しています。

<参考:年代で見る行政書士資格試験合格者の割合:平成25年度(2013年度)>

ttp://gs.business-shikaku.com/pic/shikaku_kako_pic2.gif

やはり、就職や転職を真剣に考える年代、30代が特に多く受験しています。
20代後半から30代ともなると、もう将来を真剣に決めないといけない時期であり、
そろそろやり直しが利かなくなる世代でもありますが、まさに未来を切り開くにあたって
ふさわしい資格である
と期待されているわけです。

そのいっぽうで、40代以上が全体のおよそ3割に達している点も目を引きますね。
退職して第二の人生を決める時期にもふさわしい資格(誰でも、嘱託等で
契約してもらえるわけではありませんね)であるほか、
中高年になってからの新しいキャリアプラン(年功序列制度が崩れている昨今は、
リストラ等によっていつ何時失職しないとも限りませんね)にも
有効な資格と評価されているわけです。

行政書士資格は、誰にとってもチャンスの宝の山となっている? 


行政書士は受験資格がなくて誰でも受けられ、誰でも合格できる資格です。
そして誰でも安定して華々しい成功をつかめる資格でもあるのです。
データが示す事実をそのまま受け止めて、早く資格取得等を考えることがベターでしょう。



おすすめの通信講座ランキング

No.1:フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由。

詳細はこちら

No.2:LEC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

詳細はこちら

No.3:TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。

詳細はこちら