行政書士試験で、補正が近い将来に行われるかどうか

*

行政書士試験で、補正が近い将来に行われるかどうか

行政書士試験は、試験の合格不合格を分ける採点基準に関して、「補正」が入らない試験だとよくいわれてきました。
資格試験もあまたのごとくあるのですが、種類によっては、しょっちゅうこの「補正」が加えられているものがあります。「補正」は、試験本部が合格者の人数等をコントロールするために特別に行われる措置のこと。頻繁に補正されるのでは、「特別」というイメージがなくなってしまいますが、試験の水準や合格者の人数を適正に管理する上では、やむを得ないことだと認識されているようです。

行政書士試験では常識ではなかった、補正制度

しかし行政書士試験では、長い間補正とは無縁の試験でした。現行の試験制度がはじまってからは、実際に補正がありませんでした。平成26年度(2014)の試験で補正が行われたことは奇跡に近いことだったかもしれません。

今後の行政書士試験に、補正は再び訪れる? 

とはいえ平成26年度のこの補正を、意外なことだと受け取らなかった識者もいるようです。
平成25年度までの合格率が高めだったことを受けて、問題がそろそろ難しくなるだろうという予測をしていた識者は特にそう感じるようです。問題が部分的に難しすぎたことで、合格基準を例年とは違った数値に換えるしかなかった、と考えることが妥当でしょう。

そう考えれば、今後の試験についても補正が入る可能性はじゅうぶんにありそうですね。もちろん、試験本部にしたってむやみに補正を連発したいとは考えていません。しかし現在は、「過渡期」とみなすほうがよいでしょう。合格率や合格者の人数の調整について試験本部も試行錯誤を繰り返している様子があります。だとすれば、補正がたまに入っても不思議ではないでしょう。

とはいっても、補正が入って、合格基準が下げられるようなことは受験者が期待すべきことではありません。それに補正は、受験者の見方だとは限りません。合格基準が高くされてしまうことだって理論上はあり得るはず。補正があってもなくても、確実に合格できるように準備することが受験者の取るべき態度でしょう。



おすすめの通信講座ランキング

No.1:フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由。

詳細はこちら

No.2:LEC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

詳細はこちら

No.3:TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。

詳細はこちら