行政書士専門の(特殊な)講座の教材・サービス等の特徴/合格TV

*

行政書士専門の(特殊な)講座の教材・サービス等の特徴/合格TV

行政書士の勉強をさせてくれる学習サービスも年々進歩しています。中には、
従来の通学、あるいは通信教育の枠に収まり切らない形態を持っているものも見つかります。
ただその内容についてまとめて確認するチャンスがないという受験者も多いでしょう。
ここではそのひとつ「合格TV」の行政書士通信講座の教材や受講内容について
具体的にふれましょう。

合格TV


行政書士の特殊な講座「合格TV」でよく使われている教材の特徴


有償の講義を手に入れる場合は、DVDかUSBメモリのどちらかになりますが、
現在の合格TVは、USBメモリの配布をおすすめする方向性で動いている模様です。

憲法を視聴するとわかりますが、映像は基本的に有名な講師を正面から捉えた映像で終始します
(板書が登場することやデジタル映像が挿入されることも多少ありますが、
決して多めではありません)。なお、憲法を視聴する前に
無料配布のテキストを手に入れることが望ましい
でしょう。これは簡単に手続きできます。
ただし六法等が送付されないため、インターネット上で検索するか、
よそから行政書士受験用のミニ六法等を持ってくる必要もあります。


DVDは全部で30枚近くになりますが、USBメモリはかさばりませんから、
利便性という意味でもUSBメモリを選びたがる人は増えています。
DVDドライブがないパソコンやタブレットでもUSBなら簡単に再生ができるため、
外での利用という意味でも好都合です。


行政書士の特殊な講座「合格TV」の指導やサービスの主な特徴


合格TVの行政書士講座は、全範囲含めてもかなり安くて、
コストパフォーマンスという意味ではずば抜けているといえます。
その分、テキスト等はあまり凝ったものではありませんし、
その他のサービスについても学校や通信講座と比べると脆弱に感じられるかもしれません。

それでも一流のスタッフを配置して、限られた範囲でできる限りのことをしてくれていることは
事実です。他の勉強法と一緒に使っている人も少数ではないようです。

※こちらの内容は、平成26年4月時点での情報をもとにしています。
 細部が変わる可能性は随時あります。



おすすめの通信講座ランキング

No.1:フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由。

詳細はこちら

No.2:LEC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

詳細はこちら

No.3:TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。

詳細はこちら