行政書士専門の(特殊な)講座の教材・サービス等の特徴/レンチャー(LENCHAR)

*

行政書士専門の(特殊な)講座の教材・サービス等の特徴/レンチャー(LENCHAR)

行政書士の通信講座だけを出している会社の場合、学校ほど目立たないものの
レベルの高い講座を出しているケースもあります。ただその内容について
まとめて確認するチャンスがないという受験者も多いでしょう。
ここではそのひとつ「レンチャー(LENCHAR)」の行政書士通信講座の
教材や受講内容について具体的にふれましょう。

行政書士の特殊な講座「レンチャー(LENCHAR)」でよく使われている教材の特徴


レンチャー(LENCHAR)ではDVDを通して行政書士の指導を行っていますが、
その内容については一部を無料で(音声のみで)公開していることが多いです。
映像は基本的にホワイトボード等の前に講師が立って、随時書きながら説明するタイプと
なっています。カメラが正面に位置していることや照明の条件等の影響で、
あまり板書をとりにくいということはありませんが、
やはり人の手ですから文字が読みづらいことはあります
(後述するレジュメがあるために、カバーされていますが)。

なお、テキストについてはオリジナルのものもありますが、
別売りで市販のテキストを採用している点に注意する必要があります。
独自のテキスト等を欲しているタイプの受験者には、この点は物足りない点かもしれません。

このほかレジュメも作成しています。図解が中心のレジュメのため、
ひと目見て何を教えようとしているのか確認できる
というメリットはあります。
ただ、文字が小さめでかなりたくさんの情報を詰め込んでいる部分も多いため、
人によっては読みづらいという感想を持つケースもあるかもしれません。

行政書士の特殊な講座「レンチャー(LENCHAR)」の指導やサービスの主な特徴


長い受講期間になる可能性があるためもあって、法改正情報や最新の試験情報の発信には
かなり熱心です。
質問への回答にも熱心で、回数等の制限は設けられていません。
行政書士の場合は質問専用の掲示板もあります。


⇒詳細・最新情報は公式サイトにてどうぞ



おすすめの通信講座ランキング

No.1:フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由。

詳細はこちら

No.2:LEC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

詳細はこちら

No.3:TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。

詳細はこちら