行政書士専門の(特殊な)講座の教材・サービス等の特徴/eラーニングポータルサイト

*

行政書士専門の(特殊な)講座の教材・サービス等の特徴/eラーニングポータルサイト

行政書士の通信講座だけを出している会社の場合、学校ほど目立たないものの
レベルの高い講座を出しているケースもあります。ただその内容について
まとめて確認するチャンスがないという受験者も多いでしょう。
ここではそのひとつ「eラーニングポータルサイト」の行政書士通信講座の
教材や受講内容について具体的にふれましょう。

eラーニングポータルサイト

行政書士の特殊な講座「eラーニングポータルサイト」でよく使われている教材の特徴


eラーニングポータルサイトの行政書士講座では、
当然ですが映像を十二分に活用した講義スタイルを採用しています。
しかしかつてのeラーニングとは異なり、DVDやCD等での配布は現在していません。
すべてインターネットの専用サイトから映像を配信しています

※現在は、インターネット環境の進化も目覚ましい時代ですが、
eラーニングポータルサイトのコースは、PCはもちろんのこと、
タブレット端末やスマートフォンでも簡単に再生ができます。

映像の質もきわめて先進的です。講師の背景に、デジタル表示で多数の図解や判例が
クローズアップになりますから、わかりやすさではトップレベルといえます。
また、学習ソフトも用意されており、インターネット上で問題演習や力試しを
スピーディーに実行できます。

弱点らしい弱点を探すと、紙媒体の教材をしっかりと使いまくりたい、
といったタイプの受験者には物足りない可能性があります


行政書士の特殊な講座「eラーニングポータルサイト」の指導やサービスの主な特徴


申し込んでからの映像利用可能期間が400日と、非常に長いスパンで利用できるのが
メリットです。
また、講義を科目単位で分けて受講することもできます。
この場合は、1万円単位と安価で利用できます。
逆にいえば、行政書士の受験勉強が進んできて、弱点がはっきりしてきてから
科目単位で利用するという手段もある
ということです。

こうした特性を考慮すると、他の勉強法(独学・通学・他の通信教育等)との併用も
じゅうぶんに考えられます。


※こちらの内容は、平成26年4月時点での情報をもとにしています。
 細部が変わる可能性は随時あります。



おすすめの通信講座ランキング

No.1:フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由。

詳細はこちら

No.2:LEC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

詳細はこちら

No.3:TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。

詳細はこちら