行政書士専門の通信講座の教材・サービス等の特徴/ダイエックス

*

行政書士専門の通信講座の教材・サービス等の特徴/ダイエックス

行政書士の通信講座だけを出している会社の場合、学校ほど目立たないものの
レベルの高い講座を出しているケースもあります。ただその内容について
まとめて確認するチャンスがないという受験者も多いでしょう。
ここではそのひとつ「ダイエックス」の行政書士通信講座の
教材や受講内容について具体的にふれましょう。

ダイエックス

行政書士専門の通信講座「ダイエックス」でよく使われている教材の特徴


ダイエックスでは自社で大規模な教材の出版が可能なため、独自の視点で行政書士試験を
研究した成果をずっと前からテキストや問題演習用教材に表してきました。
また、一般向けに出版している書籍を教材として採用することもあります

このほかDVDを使った映像による指導も以前より欠かさず続けています。
映像講義については資料があらかじめ用意されるため、DVDを見るときに
かなり手間が省ける可能性もあります。

※最近のダイエックスでは、カリキュラムにかなりの変更を繰り返している兆候があり、
随時確認が必要です(かつての情報とは大幅に変わってしまう可能性があります)。

行政書士専門の通信講座「ダイエックス」の指導やサービスの主な特徴


ダイエックスの行政書士講座では現在、添削による指導を復活させています。
10回以上添削を受けることも可能なため、特に「それなりの時間をかけてでも、
ゼロからスタートしたい受講者」にはおすすめの制度となっています。
このほか、問題演習の役割を果たす課程がかなり目立ちます。
はっきりと答案練習と銘打った課程もあるほか、
随時確認テストを行って、知識の定着を促す図式になっています。

現在のダイエックスでは割引制度をかなり多角的に展開しているようです。
スタッフサービスやアデコといった大手の人材派遣会社との提携を進めており
登録していると料金が安めになるチャンスがあります
(行政書士の場合、派遣会社への登録となじみにくい職業ではありますが)。


⇒詳細・最新情報は公式サイトにてどうぞ



おすすめの通信講座ランキング

No.1:フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由。

詳細はこちら

No.2:LEC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

詳細はこちら

No.3:TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。

詳細はこちら