行政書士専門の通信講座の教材・サービス等の特徴/日本経営教育センター

*

行政書士専門の通信講座の教材・サービス等の特徴/日本経営教育センター

行政書士の通信講座だけを出している会社の場合、学校ほど目立たないものの
レベルの高い講座を出しているケースもあります。ただその内容について
まとめて確認するチャンスがないという受験者も多いでしょう。
ここではそのひとつ「日本経営教育センター」の行政書士通信講座の
教材や受講内容について具体的にふれましょう。

日本経営教育センター

行政書士の通信講座「日本経営教育センター」でよく使われている教材の特徴


日本経営教育センターの行政書士講座は、かなり安く販売されていることからも
容易に察せられますが、添削を中心としたシンプルなスタイルです。
教材は印刷されたものだけを使い、音声型ないし映像型の教材はついてきません。

テキストは、「初めて勉強する人でも用に理解できること」を目安として編纂されており
特に法令を教える順序については、混乱せずに理解していける点が評価されています。
法律用語の教え方についても、評価は高いものがあります。
「学習マニュアル」もあるため、勉強のやり方を
まったくの素人でも最初の時点でつかむことができます。

テキストが6冊用意されているほか、問題集やノート、そして添削課題書がついてきます。
この添削課題は6回提出するため、1ヶ月、あるいはそれより少し長い期間につき
1回提出するペースを意識するとやりやすくなると思われます。

行政書士の通信講座「日本経営教育センター」の指導やサービスの主な特徴


質問表の付いたリポート用紙を配布したり、会報を定期的に送付したりと、
自宅学習者のフォローにも余念がありません
。日本経営教育センターの行政書士の受講者は、
期間を延長することも可能です……すなわちスタートをする時期もかなり広く持てますし、
また進み具合に合わせてサポート期間を延ばしてもらうこともできるという仕組みです。

※こちらの内容は、平成26年3月時点での情報をもとにしています。
 細部が変わる可能性は随時あります。



おすすめの通信講座ランキング

No.1:フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由。

詳細はこちら

No.2:LEC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

詳細はこちら

No.3:TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。

詳細はこちら