行政書士専門の通信講座のコース内容を整理/産業能率大学 総合研究所

*

行政書士専門の通信講座のコース内容を整理/産業能率大学 総合研究所

行政書士の通信講座だけを出している会社の場合、突然開講されることもあるため、
学校と比べてそれほど目立たないこともよくあります。
しかし、内容については学校に匹敵する例もたくさんあるのです
独自のコンセプトでがんばっているユニークな通信講座もあります)。
ここではそのひとつ「産業能率大学 総合研究所」の行政書士通信講座についてふれましょう。

産業能率大学

行政書士の通信講座「産業能率大学 総合研究所」で受けられるコース内容について


○行政書士通信講座の現在の主力となっているコース
・「××年度試験対応 行政書士講座」
45000~55000円程度

「産業能率大学 総合研究所」では6~8ヶ月くらいの計画で行政書士の受験勉強をしたい人
(初心者を含めて、です)向けに、近年は開講をしています。
期間的にも手ごろですが費用的にもじゅうぶんに手ごろだといえるでしょう。


行政書士の通信講座「産業能率大学 総合研究所」で受講するとなったときに知っておきたい情報


「産業能率大学 総合研究所」は、私立大学である「産業能率大学」と
同じ母体を持つ教育組織です。
特に企業等の団体における教育に関しては豊かな実績を持っています
一般向け・個人向けの通信教育もやっていますが、
法曹関係の資格も、数種類を常時開講しています。
行政書士については「身近な法律コンサルタントを育成する」というふれこみで開講しています。

この研究所の一般個人向け通信講座については基本的に、
自主的に勉強するという意思を尊重している傾向があります。
もちろん担当講師はできるだけのことをしてくれますが、モチベーションをはっきりと
保ちながら勉強することが大切でしょう。やる気がある受験者なら
問題演習が多いこともあってどんどん上に行くことを目指せます。



⇒詳細・最新情報は公式サイトにてどうぞ



おすすめの通信講座ランキング

No.1:フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由。

詳細はこちら

No.2:LEC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

詳細はこちら

No.3:TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。

詳細はこちら