行政書士専門の通信講座のコース内容を整理/日本マンパワー

*

行政書士専門の通信講座のコース内容を整理/日本マンパワー

行政書士の通信講座だけを出している会社の場合、突然開講されることもあるため、
学校と比べてそれほど目立たないこともよくあります。
しかし、内容については学校に匹敵する例もたくさんあるのです
独自のコンセプトでがんばっているユニークな通信講座もあります)。
ここではそのひとつ「日本マンパワー」の行政書士通信講座についてふれましょう。

日本マンパワー

行政書士の通信講座「日本マンパワー」で受けられるコース内容について


○行政書士通信講座の現在の主力となっているコース
・「行政書士受験通信講座」
30000~40000円程度

受講期間を6ヶ月程度と定めており、たくさんある行政書士講座の中では
手頃なスケジュールで臨める講座だといえます。割引を受けることもできますが、
その場合の条件は「過去3年以内に、日本マンパワーの他の講座を利用している」
という内容
になっています。
しかし割引を受けられなくても、6ヶ月で50000円を超えない金額の講座は
めったにありませんから、じゅうぶんに財布にはやさしい通信講座の仲間入りを果たしています。

行政書士の通信講座「日本マンパワー」で受講するとなったときに知っておきたい情報


日本マンパワーは、人材の開発等を主力業務としている企業です。
人材の紹介や就職・転職に関する事業もかなり順調なため、
むしろそちらでのほうが有名かもしれません。
しかし働く人たちの教育にかけても熱心で、通信教育に関しても
さまざまな資格で検討しています(最近は、中小企業診断士やキャリアカウンセラー
といった仕事で日本マンパワーは実績を上げています
……行政書士とかかわりが深い資格も
何種類か開講されています。ダブルライセンスを狙ってどんどん受講していく人も
多少いる模様です)。


⇒詳細・最新情報は公式サイトにてどうぞ



おすすめの通信講座ランキング

No.1:フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由。

詳細はこちら

No.2:LEC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

詳細はこちら

No.3:TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。

詳細はこちら