行政書士専門の通信講座のコース内容を整理/フォーサイト

*

行政書士専門の通信講座のコース内容を整理/フォーサイト

行政書士の通信講座だけを出している会社の場合、突然開講されることもあるため、
学校と比べてそれほど目立たないこともよくあります。
しかし、内容については学校に匹敵する例もたくさんあるのです
(独自のコンセプトでがんばっているユニークな通信講座もあります)。
ここではそのひとつ「フォーサイト」の行政書士講座についてふれましょう。

フォーサイト

行政書士専門の通信講座「フォーサイト」で受けられるコース内容について


○行政書士講座の現在の主力となっているコース
・「フォーサイト行政書士基礎講座」
3~5万円程度

○行政書士講座の現在の主力となっているコース
・「フォーサイト行政書士過去問講座」
3~5万円程度

どちらの講座も共通して、教材をCDにするかDVDにするか選べます
(内容はほぼ同じですが、音声だけで再生するか映像で再生するかの違いです)が、
両方ほしい場合はセットで注文もできます。その場合は5~6万円程度の費用になります。

また、この2種類の講座をまとめて申し込むことも可能です。
その場合は全体の費用が1万円を軽く超える程度安くなるチャンスがあります。

行政書士専門の通信講座「フォーサイト」で受講するとなったときに知っておきたい情報


フォーサイトは、大手の通学・通信同時開講の講座とは対極にある講座だといえます。
通信講座に絞ることで、料金の安さや自宅で使う教材の豪勢さを極限まで追求している会社
(パイオニアと呼んでもいいかもしれません)のひとつです。
その分フォローシステムが少し行き届いていないという意見も一時期ありましたが、
最近は改善されつつあるようです。

合格率の結果等を毎年どの講座でも発表していることでも有名で、
裏づけのあるデータをきちんと収集して公開している会社として信頼性が近年高まっています。

※こちらの内容は、平成26年5月時点での情報をもとにしています。
 細部が変わる可能性は随時あります。実際に申し込み等を検討するときは必ず
 「フォーサイト」に問い合わせたりサイトを閲覧したりして、各行政書士
講座について自身で確認を行ってください。


⇒詳細・最新情報は公式サイトにてどうぞ



おすすめの通信講座ランキング

No.1:フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由。

詳細はこちら

No.2:LEC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

詳細はこちら

No.3:TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。

詳細はこちら