行政書士専門の通信講座のコース内容を整理/ナガセビジネススクール

*

行政書士専門の通信講座のコース内容を整理/ナガセビジネススクール

行政書士の通信講座だけを出している会社の場合、突然開講されることもあるため、
学校と比べてそれほど目立たないこともよくあります。
しかし、内容については学校に匹敵する例もたくさんあるのです
(独自のコンセプトでがんばっているユニークな通信講座もあります)。
ここではそのひとつ「ナガセビジネススクール」の行政書士通信講座についてふれましょう。

ナガセビジネススクール

行政書士の通信講座「ナガセビジネススクール」で受けられるコース内容について


○行政書士通信講座の現在の主力となっているコース
・「行政書士標準マスターコース」
17~19万円円程度

行政書士受験で求められる知識を3つのパートで構成しています。
「本科クラス」「単元別答案練習」「総合答案練習」です。

・「行政書士合格総合マスターコース」
20~22万円程度

上記の「行政書士標準マスターコース」に、さらに
「記述式特訓」「一般知識」「総まとめゼミ」「公開模擬試験」と、
細かなカリキュラムを加味して、隙のない実力の養成を目指すコースです。

行政書士の通信講座「ナガセビジネススクール」で受講するとなったときに知っておきたい情報


ナガセビジネススクールではどちらの行政書士のコースも半年から11ヶ月と、比較的長期の
受講を前提としています
。受講するときはみっちりと取り組む姿勢が大切になります。
コースについては、総合の受講時間があるほかに単位が設定されており、大学や予備校に
通うつもりで地道に積み上げていくコンセプトを意識して受けたいものです
(添削回数も16回に及び、添削中心の他の講座と比べて多めに設定されています)。
また、受講料のほかに入学金が10000円+消費税分徴収されます。



おすすめの通信講座ランキング

No.1:フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由。

詳細はこちら

No.2:LEC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

詳細はこちら

No.3:TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。

詳細はこちら