行政書士専門の通信講座のコース内容を整理/ダイエックス

*

行政書士専門の通信講座のコース内容を整理/ダイエックス

行政書士の通信講座だけを出している会社の場合、突然開講されることもあるため、
学校と比べてそれほど目立たないこともよくあります。
しかし、内容については学校に匹敵する例もたくさんあるのです
(独自のコンセプトでがんばっているユニークな通信講座もあります)。
ここではそのひとつ「ダイエックス」の行政書士講座についてふれましょう。

ダイエックス

行政書士専門の通信講座「ダイエックス」で受けられるコース内容について


○行政書士講座の現在の主力となっているコース
・「行政書士標準コース」
18~19万円程度

○行政書士講座の現在の主力となっているコース
・「行政書士合格号座マスターコース」
20~22万円程度

○行政書士講座の現在の主力となっているコース
・「行政書士お試し講座 DVDコース」
1万円程度

行政書士専門の通信講座「ダイエックス」で受講するとなったときに知っておきたい情報


ダイエックスは、かねてより資格に関する指導を手広く手がけている教育機関のひとつと
目されてきました。ただしもともと多角経営の傾向もあり、最近は出版関連の業務に
本腰を入れている様子
です。教育関連の出版事業は依然としてさかんですが、
講座を自身で開いて指導を……というスタンスは弱くなっているようです。
行政書士の講座も数年前と比べると縮小気味ですが、完全にストップするわけでもなく、
たくさんの希望者の声をしっかりと拾い上げて今後も開講していくようです。

ポイントは、情報の公開がかつてと比べていくぶんスケールダウンしている点でしょうか。
これから行政書士を目指す人の場合、かつての受験者からダイエックスをすすめられることも
あるでしょうが、コンスタントにチェックしていないと開講情報を逃してしまうという
パターンも起こるかも知れません(いずれまた、かつてと同じように大々的に開講と宣伝を
行うようになるかもしれませんが、当面は受講希望者自身が定期的に情報を確認したほうが
無難そうです
。)。


⇒詳細・最新情報は公式サイトにてどうぞ



おすすめの通信講座ランキング

No.1:フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由。

詳細はこちら

No.2:LEC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

詳細はこちら

No.3:TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。

詳細はこちら