行政書士受験にまつわるメールマガジンを読むときの心得

*

行政書士受験にまつわるメールマガジンを読むときの心得

新鮮な情報の仕入れは行政書士受験者には重要なことですが、ここでメールマガジンの
用途を客観的に検討してみましょう。

メルマガ
……何かのメールマガジンを購読していても、届いても1分も読まずに削除してしまうことが
普通ですが、行政書士の受験に役立つことが書いているものを購読する場合は
大事なところをよく探してヒントにしたほうが正解です。

行政書士のメールマガジンには、どんな価値があるのか?


行政書士の受験においては、絶えず新しい情報をキャッチしていく必要があります。
行政書士の試験も毎年少しずつ変わっています……行政書士という仕事を取り巻く状況が
随時変わりますし、そもそも法令が四六時中変わっている以上、それは当たり前のことです。

しかしテキストや問題集といった紙で印刷されているものは、
いったん印刷されて発行された後はもう情報の更新ができません。

更新するには、新しく印刷して販売しないといけないですね。

……ここでWebを通した情報手段の強みが際立ちますね。
Webは頻繁にリニューアルされるメディアで、情報の更新をしたいときも格段に楽に行えます。
Webメディアは総じてその傾向がありますが、
特にメールマガジンは、紙媒体とWeb媒体の両方の長所を備えながら、行政書士受験の情報を
もたらしてくれる可能性を秘めているのです。

行政書士のメールマガジンは現実に増えています


メールマガジンの中には実際のところ、行政書士受験の最新情報を
たっぷりと、それもちょくちょく送り届けてくれるものがあります。
いいものを見つけられたら儲けものです。

もちろんピンキリですから、どんなものでもOKなんてことはありません。
よく選ばないと意味がありませんが、いいものを購読すれば、
自分から情報を探す手間が省けて助かる
ことも多々出てきますから本当にお得です。

行政書士のメールマガジンの種類や選び方を考える


メールマガジンには無料のものと有料のものがあります。
どちらにも一長一短があります。

・無料のメールマガジンの場合
費用を気にしなくてよいのはありがたいですね。
しかし無料ということは、手間をかけずに発行されている可能性もあるという意味です
(とはいえそれも一概にはいえません。宣伝費用等で収益が上がれば、有料にする必要も
ありません。したがって、無料なのに優秀な情報を配信している例も実際にあります)。

・有料のメールマガジンの場合
メールマガジンは簡単に発行できるというイメージがありますが、それでも
質のよい情報を盛り込もうと思えば、手間暇もかかり、予算もかかることになります。
したがって、「有料のもののほうが、金を取れるだけの情報を盛り込んでくれる」という
保証があるように感じられますが……実はこれも一概にはいえません。
有料でもいまいちなメールマガジンは、テーマが行政書士かどうかを問わず現実にあるのです。

メールマガジンを読んでみたいなら、費用や情報の質をよく検討することは当然ですが、
購読の開始や中止の手続きについても確認すべきでしょう。通常は購読を止めることは
簡単なはずです(しかし例外もありますし、書かれている手順で購読中止しようとしても
なかなかうまくいかないケースもありますから要注意)。
その上で、良心的なものを選んで試していくのが妥当だといえます。



おすすめの通信講座ランキング

No.1:フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由。

詳細はこちら

No.2:LEC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

詳細はこちら

No.3:TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。

詳細はこちら