行政書士の開業資金を融資してくれるところとは

*

行政書士の開業資金を融資してくれるところとは

行政書士として開業するなら、登録するだけでも30万円近い出費が確実に発生しますし、
それ以外でも何かと費用がかさみます。
それまでの預貯金等でじゅうぶんに賄えるケースや、近親者等が助けてくれるケースも
あるでしょうが、開業直後の行政書士は金銭的に楽ではないケースが当たり前です。
しかし行政書士にも利用できる融資の制度がいろいろとあるはずです。
自営業者や個人事業主を助けてくれる制度をいろいろと探すことが大切です。

開業費用の調達方法

行政書士が、融資のあてにできる制度といえば? 


新人行政書士が利用できる融資関連の制度は、実は地域によって大きな影響を受けます
(つまり、ひとりひとりで地域の情報を確認する必要があります)。

・起業家育成資金制度
これは都道府県単位で運用が行われている制度です。
行政書士のような「法律の資格を活かして開業したい人」なら、
ほとんどの場合対象となっているはずです。
融資してもらえる金額も、最高で3000万円(設備資金の場合)くらいの
融資を受けられることが多く、行政書士の場合はじゅうぶんに事足りる金額です。
利息も低く、返済年数にもゆとりがあることがほとんどです。

・新規開業資金
これは日本政策金融金庫で運用が行われている制度です。
最高で7000万円(設備資金の場合)くらいの融資を受けられる可能性もあります。
返済年数も10年を超えて認められる可能性が高いです。

※条件については変更が多いほか、地域差もあることにご留意ください。

ケースバイケースで、行政書士の開業資金の融資を受けられるチャンスは変動します


このほかにも、条件を絞って探すとさまざまな融資制度が見つかる可能性があります。
細かな例をあげるときりがないため、ここでは、一部の例を示唆するにとどめます。

・市区町村が用意する制度
これはどこに住んでいるか、どこで開業するかで変わってしまいますね。
残念なことに、何も提供していない市区町村もたくさんあるようですが、
内容しだいでは、他の制度よりも得をする可能性もあります。

・性別や年齢を限定した制度
女性限定の制度や、若年層、あるいは高齢者層に的を絞った制度もあります。

・災害に関連した制度
東日本大震災は未曾有の惨事だったため、被災者等を中心に、
開業資金を助けてもらえるチャンスもあります。



おすすめの通信講座ランキング

No.1:フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由。

詳細はこちら

No.2:LEC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

詳細はこちら

No.3:TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。

詳細はこちら