行政書士の通学講座・通信講座で教育ローンを使うとしたら

*

行政書士の通学講座・通信講座で教育ローンを使うとしたら

行政書士の勉強法といえば、独学は決して主流派ではありません。
通学講座や通信講座を選ぶ人が行政書士の世界では圧倒的に多いはずです。

しかし通学講座や通信講座では所定の費用を捻出することになりますね。
講座によって金額は変わりますが、場合によっては相当の出費を余儀なくされるかもしれません。
(他のページで書いていますが)ハローワークが管轄する「教育訓練給付金制度」を
使える可能性もありますが、使えないこともあるわけです。
そうした事情があって、しかも料金をすぐに支払えないときはどうすればいいでしょうか? 
行政書士の講座によっては、教育ローンを使えることもあります。

教育ローン

行政書士の受講料を全額前払いできないときに設けられているサービス


受講料を一括払いできないとき、開講する業者のほうで、救済策を出してくれることはあります。

1 分割払い
こちらについては、あまり説明の必要はないでしょう。
1回の支払額が数千円程度に収まることが多く、かなり多数の受講者が
実際に助けられているようです。

2 教育ローン
悩む人が多いのはこちらではないでしょうか。教育ローンを使うことは行政書士受講者にとって、
債務を背負うことになります。確かにうかつに手を出してよいものではありません。

ローンを用意している行政書士講座の側も、そうした受講者の懸念には気づいています。
良心的なところであれば、明快な説明をしてくれるはずです。
……結局は、ひとりひとりが自分の経済事情に合わせて申し込むかどうかを
決断するしかありませんが、あくまでも負担にならない内容かどうか、
そこが熟慮のポイントとなるでしょう。

行政書士の教育ローンで、確認や熟慮の必要性が非常に高いポイント


・金利及び支払方法・金額
月に数千円の支払いで済むくらいであれば負担にはならないことが多いでしょう。
しかし説明に書かれている金額をちょっと見ただけでわかったような気分になるよりは、
なるべく自分でシミュレーションをして、細かく計算したほうが無難です

・保証人や審査について
いうまでもなくローンというものは、借金であって誰でも受けられるサービスではありません
やはり社会人でない場合や、もともとローンや借金をしているような場合なら、行政書士の
教育ローンを申し込むにあたって不利になります(審査基準が厳しいわけではないはずですが)。
また、社会人でないなら保証人が求められることも多いですから、
家族等の了承を得る必要も出てきます。



おすすめの通信講座ランキング

No.1:フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由。

詳細はこちら

No.2:LEC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

詳細はこちら

No.3:TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。

詳細はこちら