行政書士の通学・通信講座で受けられるサポートのひとつ(返金・祝い金制度)

*

行政書士の通学・通信講座で受けられるサポートのひとつ(返金・祝い金制度)

行政書士の講座では通学か通信かを問わず、さまざまなサポートがあります。
そのひとつに、何らかの形で現金ないし金券等を、合格・不合格の結果が出たあとに
提供してくれる
サービスを取り入れているところがあります。
最近も、こうした返金・祝い金関連のサポートを取り入れる行政書士講座は
じわじわと増え続けている傾向がある模様です。

合格返金制度

行政書士受験者向けに、返金というサポートが準備されている場合


これは、不合格になった場合に適用されるケースもあれば、
合格したら一部の料金を返金してくれるという正反対のケースもあります。

・不合格の場合に返金されるケース
順調に勉強してきたにもかかわらず、何らかの思わぬ理由があって合格できなかった受講者に、
その苦労をねぎらったりお詫びしたり……というニュアンスで支払われた料金の一部を
返してくれるというものですが、もちろんどんな受講者でもOKというわけにはいきません。
たとえば出席率が極端に高かったり、模擬試験等の成績がずば抜けてよかったりした場合に
使える
というケースが主流でしょう。

・合格したら返金されるケース
これは単純に、祝賀金として受講料の一部をバックしてくれるというサービスです。
こうしたサービスがあるとモチベーションが刺激されるような性格の受講者には
ぴったりでしょう(後述する、祝い金制度と似ていますね)。

行政書士受験者向けに、祝い金というサポートが準備されている場合


先述した、合格したときに返金されるサービスと趣旨は共通しています。
順調に勉強を進めることができ、そして首尾よく合格した暁に、お祝いをする意味で
一定の現金ないし金券等のプレゼントがされる
というサービスです
(もちろん、何らかの物品がプレゼントされるケースだったら、ほかにもかなりたくさんの
講座で行われているようですが……やはり物品と金銭とではわけが違いますね)。
大金が贈呈されるわけではないことも多いでしょうが、
こうした制度があればやはり勉強の励みになることもあるでしょう。

∀行政書士の返金・祝い金のサポートに興味があるなら? 

こうした返金制度や祝い金制度は、受けられる条件がかなり厳密に指定されることが常識です。
特に申し込んだ時期や受講期間等は重要なことが多いようです。
受講期間が延びたり受験し直しになったりした場合は
自分が該当するかよく注意する必要があるでしょう。



おすすめの通信講座ランキング

No.1:フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由。

詳細はこちら

No.2:LEC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

詳細はこちら

No.3:TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。

詳細はこちら