行政書士の通信講座を、一挙に(テキストで!)比較!

*

行政書士の通信講座を、一挙に(テキストで!)比較!

行政書士を受験するのに、場所と時間を問わずに指導を受けられる通信講座を選択する人は
とてつもなく多いです。行政書士のことを何も知らなかった人から、リベンジ受験を
狙いたい人まで、どんな人でも手を出しやすい勉強法でもあります。
通信講座は提供する側にとっても出しやすいため、常に開講数は多く、選ぶときに
悩む人も少なくありません。そこで、通信講座を主なチェック項目で比べてみましょう。
ここでは、テキストによる行政書士通信講座の比較データを掲載します。

行政書士の通信講座を、テキストで並べ替えて比較した結果


行政書士の通信講座比較:テキストを、主要な重要項目で比較
講座名 図解等の多さ 色彩の豊かさ 独自の研究ぶり 余白のバランス
四谷学院
フォーサイト
東京法経学院
伊藤塾
キャリアカレッジジャパン
ユーキャン
エイプリルカフェ
藤井行政書士予備校
LEC
TAC
大原
日本マンパワー
クレアール
※テキストづくりでは定評がある通信講座を特に抜粋しています。
 その高い定評のある中でもさらに評判のよい順に並べています。

行政書士の通信講座の、テキストによる比較ではどこがポイントになるのか? 


・図解等の多さ
法令の説明をする際、文章だけでは説明し切れなくなることがよくあります。そのときに
見取り図や表組、あるいはイラスト等を上手に、また多めに入れているかを判断しています。

・色彩の豊かさ
印刷をする際、いちばん安上がりなのは白黒印刷です。しかし、読者にとっては
白黒のままだといずれ集中力が落ちてきます。わかりやすさでも物足りないことになります。
そこで費用や手間を惜しまずにカラーを上手に、また多めに取り入れているかを判断しています。

・独自の研究ぶり
独自の研究をどれだけ行い、それをテキストに盛り込めているかを判断しています。

・余白のバランス
見やすさや、書き込んでおきたいことができたときにそれができるかどうかを判断しています。



おすすめの通信講座ランキング

No.1:フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由。

詳細はこちら

No.2:LEC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

詳細はこちら

No.3:TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。

詳細はこちら