行政書士の通信講座はクーリングオフで返品できる業者のほうが安心? 

*

行政書士の通信講座はクーリングオフで返品できる業者のほうが安心? 

行政書士の通信講座を検討する受験者にとって、講座の多さは悩みの種になることがあります。どこを選んだらいいのかわからないといった感想は実際に頻繁に聞こえてきます。

口コミやさまざまな比較のコツを使いつつ、最後には自分自身で選ばないといけませんが、
このチョイスの段階で役に立つサービスがあります。
それはクーリングオフ(ないし、それに準ずる返品制度)の制度です。

クーリングオフ制度

クーリングオフとはどんな制度? 


クーリングオフの制度を利用した人はたくさんいることでしょう。
これは、消費者が商品等の購入後に、考えが変わって購入契約を解消したくなったときに、
それを認めてもらえる制度です。「返品」は、商売をする立場からはいちばん困ることでもあり、
以前から受け付けてもらえないことがザラにありました。
しかし、悪質な商売方法(たとえば、セールス商法やネズミ講)が蔓延したため、ある時期から
消費者の権利を保護する目的でクーリングオフ制度の整備が進められる結果となったのです。

行政書士の受験勉強とクーリングオフによる返品制度の関係


クーリングオフがよく使われるのは、今のような多忙や消費者にとってひたすら手軽であり、
ネット文化とも相性がよい通信販売です。
行政書士の勉強にこれをあてはめると、通信講座が思い浮かびますね。
実際に、クーリングオフを使える行政書士の通信講座は年々増加しています

行政書士の通信講座で、実際にクーリングオフを使って返品すると? 


クーリングオフには条件があります。
行政書士の通信講座においては、「8日以内なら返品OK」と決められていることが
ほとんど
のようです。

もっとも返品可能な条件についてはこまごまと決められているのが普通ですから、
「気に入らなかったら必ずキャンセルできる」なんて決めてかかるのは大間違いです。
たとえば、テキストをはじめ教材を汚したり破損したりしている場合は
NGになる場合もけっこうありますし、
開封していたり中身を使ったりしているとNGになる場合も少なくありません。
つまり、各社の通信講座の教材を一度に取り寄せてよく調べてから決める……
という手段が使えるとは限らないわけです。

それでも、返品できる可能性がはっきりしている通信講座のほうが、行政書士を目指そうかと
考えたばかりの初心者にとって安心できることは間違いないでしょう。
どこで受講するか決めるときは、返品可能かどうかも視野に入れて検討するほうが正解でしょう。



おすすめの通信講座ランキング

No.1:フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由。

詳細はこちら

No.2:LEC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

詳細はこちら

No.3:TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。

詳細はこちら