行政書士の試験間際に重宝する、単価科目や教材の使い道

*

行政書士の試験間際に重宝する、単価科目や教材の使い道

行政書士の受験では、模試を最大限に利用することが重要です。
模試は、その時点での自身の実力をはっきりと数値で見せつけてくれます。

模試の復習の仕方
というわけで、模試の結果が戻ってきたら、それにもとづいた対策を
早急に立てないといけません。とりわけ、苦手な科目があるときは
全力で克服する姿勢が求められます。しかし残された時間はそんなにありません。
そんなときにありがたいサービスがあります。

行政書士の受験の後半戦で、単科の科目や教材は使わないと損? 


大手の学校や通信講座業者は、模試の開催が続々スタートする時期を境目に、
行政書士の単科の講座の開講や、単発の教材の販売をスタートさせるのが恒例となっています。
よくあるのは、民法だけの講座であったり、記述式問題だけを対策する教材であったりと、
受験者の大半がしばしば頭を悩ませる科目・問題形式にちなんだもの
ですね。

こうした単科の講座や教材は、特定の科目や問題形式に集中したものであるため、行政書士の
フルコースの講座や教材と比べて、費用もリーズナブルに落ち着くことがほとんどです。
たとえば行政書士の単科科目の相場は、大手の場合でも数千円から1万円を多少上回る程度
だといわれています。これくらいの価格なら、あまり予算がない受験者でも
申し込みやすいでしょう(通学しないといけない場合でも、
1週間に1回程度で、短時間で終わるのならそれほど負担にならないのではないでしょうか?
)。
もちろんそれに取り組むために必要となる時間も、それほどかからないことがほとんどです。

※実際の話、独学で行政書士に合格した人たちの体験談をヒアリングすると、こうした単科の
講座や教材なら利用した経験がある人がけっこう目立ちます。
現在の行政書士の受験状況を冷静に評価すると、完全に独学で合格を果たすことは
相当に難しくなっているのかもしれません。

というわけで、特に夏の最初の模試が開催される時期になったら、模試の準備をすると同時に
よく単科の講座や教材の情報が出ていないか、頻繁にチェックするようにしたいところです。



おすすめの通信講座ランキング

No.1:フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由。

詳細はこちら

No.2:LEC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

詳細はこちら

No.3:TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。

詳細はこちら