行政書士の試験科目「行政手続法」の中身をすっぱりと斬ると? 

*

行政書士の試験科目「行政手続法」の中身をすっぱりと斬ると? 

行政書士の試験範囲といえば、まずいくつもある法令科目を
抜きにして語ることは到底できません。
ここでは「行政手続法」について、その内容や、最近の行政書士試験における傾向等を
まとめて説明することにしましょう。

試験科目

行政書士の試験範囲「行政手続法」とは、端的に表すとどんな科目? 


行政手続法とは、一般市民や企業が、官公署や行政機関等に出向いて、
何らかの手続きを申請したいときにどうすればいいのかを細かく規定している法令です。

行政書士の受験勉強にあたるとき「行政手続法」の妥当な取り組み方とは? 


行政手続法をマスターするには、手続きの種類をはっきりと区別することと、
やり方を順を追って覚えていくことが大切です。

・行政手続の5種類の基本を最初にはっきりと理解する
「申請に対する処分」「不利益処分」「行政指導」「届出」「意見公募手続等」)。
・特に、それぞれの手続に関して、どんな条件が指定されているのか
(どんなときに行えるのか、どんなことが認められないのかetc.)
ややこしいときは、面倒でも図を書いて整理するくらいのこともやったほうが
記憶にも定着しやすくて無難
・「意見公募手続等」については、制定されてからの年数がまだ少ないため、
 法令と過去問、両方をまんべんなくあたったほうが安全


法令はよく読むなり書くなりして、違いを頭に叩き込みたい
特に最初の数条には、この行政手続法という法令の根幹をなし、行政書士試験においても
重大な知識がたっぷり詰まっています
)ところですが、
判例も見つかるならなるべく読むに越したことはないでしょう。。

近年の行政書士試験の傾向を、「行政手続法」に絞ってチェックするなら


問題数は多くないですが、記述式問題の出題対象にもなる科目で、気は抜けません。
しかし過去問をチェックし、テキストおよび法令や判例を頻繁に読み返しながら
勉強することでだんだんとコツをつかめるはずです。
時間に余裕を持ちながら勉強することをおすすめします



おすすめの通信講座ランキング

No.1:フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由。

詳細はこちら

No.2:LEC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

詳細はこちら

No.3:TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。

詳細はこちら