行政書士の試験科目「行政事件訴訟法」の中身をすっぱりと斬ると?

*

行政書士の試験科目「行政事件訴訟法」の中身をすっぱりと斬ると?

行政書士の試験範囲といえば、まずいくつもある法令科目を
抜きにして語ることは到底できません。
ここでは「行政事件訴訟法」について、その内容や、最近の行政書士試験における傾向等を
まとめて説明することにしましょう。

試験科目

行政書士の試験範囲「行政事件訴訟法」とは、端的に表すとどんな科目?

 
行政事件訴訟法は、行政庁の処分に対して訴訟を起こしたいときに使われる法令です。
訴訟上の手続きから判決にかけて、細かく規定しています。

行政書士の受験勉強にあたるとき「行政事件訴訟法」の妥当な取り組み方とは? 


行政事件訴訟法は、法令の理解があくまでも勉強の中心となりますが、
判例のチェックもできるだけやっておきたいところです。

・訴訟には種類があるため、そこを徹底的にマスターする
・平成16年度の改正内容が特によく問題に使われているため、その内容は必ずカバーする
 (過去問対策は、なるべく年数を多めにして行ったほうが安全)
・審査請求と取消訴訟については、出題される可能性が高いため、必ず深く理解する
・判決が適用される範囲についても臨機応変に解答できるようにしておくとベスト
 (予想問題等も、余裕があればある程度こなしておくと自信を持てるはず)

行政事件訴訟法は、楽な部分だとは言えませんが、行政書士の試験科目の中で比較すると
特にややこしい部分や複雑な部分があるとはいえませんから、
なるべく得意範囲にしたいところです。

近年の行政書士試験の傾向を、「行政事件訴訟法」に絞ってチェックするなら

行政事件訴訟法は、上述した法改正をはじめ、21世紀に入ってから変化が激しい法令です。
行政書士試験においても、この10~15年くらいの間に
試験内容が何度か大きく変わったことがあります。
過去問の研究は必須ですが、法令や判例の利用もできるだけ多めにしたいところです。
記述式問題や多肢選択問題も出る可能性があるため、
問題演習も多めにこなせたらこなすようにすることも望ましいでしょう。



おすすめの通信講座ランキング

No.1:フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由。

詳細はこちら

No.2:LEC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

詳細はこちら

No.3:TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。

詳細はこちら