行政書士の試験科目「行政不服審査法」の中身をすっぱりと斬ると?

*

行政書士の試験科目「行政不服審査法」の中身をすっぱりと斬ると?

行政書士の試験範囲といえば、まずいくつもある法令科目を
抜きにして語ることは到底できません。
ここでは「行政不服審査法」について、その内容や、最近の行政書士試験における傾向等を
まとめて説明することにしましょう。

試験科目

行政書士の試験範囲「行政不服審査法」とは、端的に表すとどんな科目? 

行政手続法と重なる部分もありますが、行政から受けた判断や処分に不服を覚えたときに、
その旨を訴えるときに適用される法令です。申立て後の審査の内容についても規定しています。

行政書士の受験勉強にあたるとき「行政不服審査法」の妥当な取り組み方とは? 


この法令については「なぜ設けられたのか?」という部分から
正確に理解しないと先へ進めません……これは言い換えると、
法令(の条文)に使われている用語の細かな定義から理解しないといけない、
ということでもあります。

・総則の部分を読む機会を増やす
 (ただ何度も読んでも最初のうちはらちが明かないものの……
 何度も時間をおいてでも何度か読み返したほうが無難)
・不服を申し立てるときの手続の種類を正確に認識していく
 (どんなときに手続きがOKされないのかを学ぶことや、手続きしたあとの結果も大切)
・最初のうちは過去問やテキストでよく見る部分から着手してもかまわないので、
 着実に必要な種類をインプットしていけるようにすればOK


行政不服審査法では、条文や判例はできるだけ読むに越したことはありませんが、行政書士の
法令の中では決して読みづらいほうだとはいえません。
民法等と異なり、膨大な法令がつくられているわけでもありません。
神経質になる必要もないでしょう。

近年の行政書士試験の傾向を、「行政不服審査法」に絞ってチェックするなら

行政手続法と似通った部分があるほか、実際に行背手続法と絡めた問題が出た例もあるので、
どこが違うのか比較する機会を設けるのも悪くありません。
もともと用語や言い回しが微妙な部分が多いため、時間をかけてでも重要個所について
それぞれが何を趣旨としているのか、必ず頭に叩き込むようにしましょう。



おすすめの通信講座ランキング

No.1:フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由。

詳細はこちら

No.2:LEC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

詳細はこちら

No.3:TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。

詳細はこちら