行政書士の試験科目「商法(会社法含む)」の中身をすっぱりと斬ると?

*

行政書士の試験科目「商法(会社法含む)」の中身をすっぱりと斬ると?

行政書士の試験範囲といえば、まずいくつもある法令科目を
抜きにして語ることは到底できません。
ここでは「商法(会社法含む)」について、その内容や、最近の行政書士試験における傾向等を
まとめて説明することにしましょう。

商法

行政書士の試験範囲「商法(会社法含む)」とは、端的に表すとどんな科目?


「商法(会社法含む)」は、社会においては日常的に各地で行われており、
経済活動の根幹をなすともいえる商取引を規定する法令群です。
会社法を含むことからもわかりますが、一般人の間での売買等を扱うのではなく、
事業者間での取引が対象
となります。

社会人経験や商売の経験があったり、経済を学んだことがあったりする
行政書士受験者にとっては、「商法(会社法含む)」比較的興味を持てる分野でしょう。

行政書士の受験勉強にあたるとき「商法(会社法含む)」の妥当な取り組み方とは?


範囲は決して手狭ではありません。全体の概要をつかむことも最初のうちは難しいため、
時間をかけて徐々に覚えていくことがおすすめです。

商法の総則と商行為の定義について、テキストと過去問から必須部分をよく読みとる
・特に商号や商業登記、商業使用人といった頻出範囲は正確に解答できるように準備する
会社の種類、特に株式会社の仕組みについても隙のない理解を目指す
株式に関する出題や役員に関する出題は必須であるため、絶対に徹底して覚える
・時間に余裕をなるべく見つけて、判例を参照しながら理解していくことも大切

基本となるのは、こうした手順を繰り返す勉強法となります。
民法と同様に、全範囲をまんべんなくやることは無理ですからある種の諦めも大切ですが、
だからといって手を抜くことは絶対にいけません。

近年の行政書士試験の傾向を、「商法(会社法含む)」に絞ってチェックするなら


最近は特に会社法の比重がとても高くなっています
(将来、企業向けの仕事をするときは役に立つ知識となる可能性がありますね)。
会社法の、直近の出題内容のチェック完了については着実にできるようにしましょう。

また、判例から読むにあたっては、民法との関係についても絶えず意識しながら、
随時テキストに戻って考察するようにしていくとよいでしょう。



おすすめの通信講座ランキング

No.1:フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由。

詳細はこちら

No.2:LEC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

詳細はこちら

No.3:TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。

詳細はこちら