行政書士の試験科目「一般知識科目(文章理解)」の中身をすっぱりと斬ると?

*

行政書士の試験科目「一般知識科目(文章理解)」の中身をすっぱりと斬ると?

行政書士の試験範囲といえば、まずいくつもある法令科目を
抜きにして語ることは到底できません。
ここでは「一般知識科目(文章理解)」について、その内容や、最近の行政書士試験に
おける傾向等をまとめて説明することにしましょう。

一般知識

行政書士の試験範囲「一般知識科目(文章理解)」とは、端的に表すとどんな科目?


「一般知識科目(文章理解)」とは、日本語で書かれた文章を正確に理解できる能力の高さを
試す科目だと考えましょう。行政書士の仕事の大半は、正確な書類の作成です。
決して簡単ではない専門的な文章を正しく読みこなすことと、
どこへ出しても受け入れられるような、正確な日本語を書けることは、
仕事をするにあたっても最重要項目です。


行政書士の受験勉強にあたるとき「一般知識科目(文章理解)」の妥当な取り組み方とは?


「空欄の補充」や「文章の並べ替え」といった出題形式がよく採用されている科目です。

・過去問対策の最中で「よく出る部分だ」と思ったら特に注意して研究することは当然だが、
 まず重視する点は正確な漢字の知識(よく出る分野で苦手な漢字があるなら必ず対策する)
・理系の文章や古文といった具合に、バラエティに富んだ文章が出るため、
 もともと苦手な文章があるなら、そこから読みこなせるように努力する
近年のニュースに絡めた文章も多いため、ニュースのチェックも欠かさないこと

もともとの日本語能力、読解能力が大切ですが、そこにはどうしても個人差があります。
本や新聞を読むことがもともと苦手だという場合は、過去問は当然ですが
予想問題もできるだけ消化して、地の力を押し上げていく必要がある
でしょう。


近年の行政書士試験の傾向を、「一般知識科目(文章理解)」に絞ってチェックするなら


「一般知識科目(文章理解)」の問題は、行政書士試験においては問題数が多い部分
ではありません。しかし特に「読み間違い」「誤解」が命取りになりかねない部分でもあります。
とはいっても、よく読み返すような時間はもちろん本試験のときにはありません
問題文のポイントをすばやく見抜くレッスンも、問題演習を通して行いたいものです。



おすすめの通信講座ランキング

No.1:フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由。

詳細はこちら

No.2:LEC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

詳細はこちら

No.3:TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。

詳細はこちら