行政書士の試験科目「一般知識科目(政治・経済・社会)」の中身をすっぱりと斬ると? 

*

行政書士の試験科目「一般知識科目(政治・経済・社会)」の中身をすっぱりと斬ると? 

行政書士の試験範囲といえば、まずいくつもある法令科目を
抜きにして語ることは到底できません。
ここでは「一般知識科目(政治・経済・社会)」について、その内容や、最近の行政書士試験に
おける傾向等をまとめて説明することにしましょう。

試験科目

行政書士の試験範囲「一般知識科目(政治・経済・社会)」とは、端的に表すとどんな科目?


「一般知識科目(政治・経済・社会)」とは、行政書士の日常の業務遂行の際に必須となる
社会常識を試す科目です。行政書士は法曹の資格ですが、やはり社会の動きと
無縁ではありません。行政上の手続きも、社会の変化の影響は大きく受けます。

特に政治システム(国外も含みます)に関する詳細な知識や、
景気の動向や経済用語~さまざまな経済政策、そして企業に課せられる制度
(雇用に関するものや社会保障に関するもの、独占・寡占に関するものは重要
です……
さらに、環境保護に関するものまで出てきます)についてよく知っていないといけません。
311のあとは、天災とそれについての対策についても改めて重視されている気配があります。


行政書士の受験勉強にあたるとき「一般知識科目(政治・経済・社会)」の妥当な取り組み方とは?


「一般知識科目(政治・経済・社会)」は、範囲が広く、その上に定義があいまいなことが
厄介な点でしょう。時間をかけて戦力アップをはかっていく必要があります。

・出題範囲を把握するため、過去問は徹底的にチェックする
 頻出範囲については、ひねった形で再登場する確率が高いため、応用が利くようにしておく
 (豆知識的なものもなるべくインプットしておきたいところ)
・よく出てくる範囲については、現在までにどんな変化があったかひと通り整理してみる
普段から新聞やニュースをよくチェックして、頭を慣れさせていくことも重要

「一般知識科目(政治・経済・社会)については、テキストと過去問の往復はとても大切です。
また、わからないことやはっきりしないことは、講師への質問等(独学以外の場合ですが)を
利用してすぐ解決することも大切でしょう。


近年の行政書士試験の傾向を、「一般知識科目(政治・経済・社会)」に絞ってチェックするなら


前に出た部分が形を変えて出てくる可能性がとにかく高い以上、
過去問だけではなく予想問題の利用も大切だといえます。

また、時事問題と絡めた出題がされやすい科目でもありますから、
忙しくても毎日報道を欠かさずチェックして、
リアルタイムの情報をフォローすることも忘れないように行いたいものです。



おすすめの通信講座ランキング

No.1:フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由。

詳細はこちら

No.2:LEC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

詳細はこちら

No.3:TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。

詳細はこちら