行政書士の試験科目「一般知識科目(情報通信・個人情報保護)」の中身をすっぱりと斬ると?

*

行政書士の試験科目「一般知識科目(情報通信・個人情報保護)」の中身をすっぱりと斬ると?

行政書士の試験範囲といえば、まずいくつもある法令科目を
抜きにして語ることは到底できません。ここでは
「一般知識科目(情報通信・個人情報保護)」について、その内容や、最近の行政書士試験に
おける傾向等をまとめて説明することにしましょう。

一般知識科目

行政書士の試験範囲「一般知識科目(情報通信・個人情報保護)」とは、端的に表すとどんな科目?


「一般知識科目(情報通信・個人情報保護)」とは、最近の行政手続きにも
無数の影響を与えている、高度化された情報処理の知識および、
近年問題視されている個人情報の漏洩とそれへの対策に関する知識
を問う科目です。

これからの行政書士にはますます重要になっていく分野ですから、
単なる受験科目だとは思わずに、大いなる関心をもって臨むべきでしょう
(やはり「身近な知識」だと受け止めて覚えようとするほうが、吸収が自然とはかどります)。


行政書士の受験勉強にあたるとき「一般知識科目(情報通信・個人情報保護)」の妥当な取り組み方とは?


「個人情報保護法」「情報公開法」といった法令が何種類もあるため、
これらをまずマスターすることも大切です。電子申請に関する実際的な知識も問われますし、
やらないといけない部分は総合するとかなりの量になります。

・過去の出題範囲が再度選ばれる確率は高いため、過去問対策はここでも重要
 (ただし「どこの部分の問題の量が多く出されるか」については、あまり法則性がなく
 突然変わった問題が出てきた事例も多いことに留意したい)
・時事問題もやはり多いため、ここでも最新の情報をニュース等から毎日仕入れる努力が大切
・ITの知識もある程度必要なため、苦手な場合はみっちりと時間をかけて学ぶこと

人によって得意・不得意がかなり別れる科目でもあります。
特に予備知識がない人は、時間をかけて勉強するようにしましょう。

近年の行政書士試験の傾向を、「一般知識科目(情報通信・個人情報保護)」に絞ってチェックするなら


意外と出題範囲が広いため、出題予想は楽ではない科目です。
過去問とテキスト、そして予想問題集をよく往復して実力を上げていくことと、
正確な、そして最新の情報を常にインプットする姿勢を保つことが大切です。

※正確な用語の使い分けが要求される問題が
 この「一般知識科目(情報通信・個人情報保護)」に出てきた例も近年の行政書士試験では、
 少しずつ増加しています。試験直前になっても、この科目に関しては
 正確な知識・情報の収集に努める姿勢を持ち続けるに越したことはないでしょう。



おすすめの通信講座ランキング

No.1:フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由。

詳細はこちら

No.2:LEC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

詳細はこちら

No.3:TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。

詳細はこちら