行政書士の試験当日の持ち物~準備には用心を/そのⅣ

*

行政書士の試験当日の持ち物~準備には用心を/そのⅣ

行政書士の試験が近づいてきたら、受験勉強のラストスパートをかけないといけません。
そのいっぽうで、試験当日の準備も手抜かりのないように進めていかないといけないため、
受験者の負担はピークに達するといってもよいでしょう
勉強の仕上げにかまけて、試験日向けの準備をおざなりにする受験者が毎年たくさんいます
……それでは当日に、実力を存分に発揮できない恐れが強くなります!)。

ここでは、行政書士試験当日に持っていかないといけない品物等について、
注意してほしいことを書き出しておきます(他のページにも書いています、
合わせてご覧ください)。

試験の際の注意点

行政書士試験当日に見落としてはいけないもの一覧


・携帯電話

携帯電話は、いうまでもないことですが現代人なら老弱男女を問わず必携のアイテムです。
ただの通信機材というだけではなく、さまざまな機能が搭載されており、
持っていないと不安になってしまう人も少なくないでしょう。

とはいえ、携帯電話については実は関係者の間でも意見が分かれることがあります。
当然持っていくべきだろうという人もいれば、
持っていかないほうがいいのではないかという人もいるのです。

行政書士試験に、携帯電話を持っていくと予想されるデメリットとは?


持っていくべきではないという意見が出てくる理由は、
不正防止の観点から見ると誤解を招く恐れがあるからです。

行政書士試験だけではありませんが、昨今はどの資格試験でもカンニング防止の観点から
携帯電話の取り扱いに厳しくなっています

試験時間中に電話が作動しただけでも咎められることが珍しくありません。

試験開始前に必ず、電源を切るなりマナーモードにするなりして荷物の中にしまうように
命令されますが、つい忘れてしまうとどうなるでしょうか? 
一回も作動しなければ何とかなるでしょうが、万一大きな音を出してしまうと、
それだけで退場させられる
恐れがあります
(ちなみに、試験中にトイレに行くことになった場合も要注意です。そのときにうっかり
持ち歩いてしまうと、見つかったときに不正の疑いをかけられかねないからです)。

行政書士試験に、携帯電話を持っていくメリットとは?


とはいえ、やはり携帯電話を家に置いて行くとなると、緊急の連絡が一気に難しくなります。

……交通機関が止まった場合であっても、あまり試験本部に電話する人はいないでしょうが、
それでもすぐに電話をかけられる状態であることには計り知れないメリットがあります。
また携帯電話があれば、インターネットにつないで最新の情報を確認するということも
簡単にできますし、いざというときには心強い
ものです。

行政書士試験で携帯電話をどうするか決めるにあたって


もし携帯電話を持っていかないなら、公衆電話にすぐ掛けられるように
準備したり、会場まで確実に遅れずに行けるように準備したりすることが大切になるでしょう。

携帯電話を持っていく場合は、とにかく試験開始前になったら絶対に鳴らないようにすること、
荷物の中に試験終了まで入れておくことを絶対に忘れないようにすることが大切です。



おすすめの通信講座ランキング

No.1:フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由。

詳細はこちら

No.2:LEC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

詳細はこちら

No.3:TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。

詳細はこちら