行政書士の記述式問題の例:問題はこうして出されます

*

行政書士の記述式問題の例:問題はこうして出されます

行政書士の試験問題について、すでに他のページでその特徴や性質を説明していますが、
まったく行政書士を学んだこともなく、記述式問題を見たこともない未経験の志望者のために、
どんな問題が出されているのかサンプルを出しておきましょう。

記述式

行政書士試験に、実際に出された記述式問題


以下の記述式問題は、平成25年度試験問題の、46番目の問題です。

————————————————————————————–

Aの指輪が、Bによって盗まれ、Bから、事情を知らない宝石店Cに売却された。
Dは、宝石店Cからその指輪を50万円で購入してその引渡しを受けたが、
Dもまたそのような事情について善意であり、かつ無過失であった。
盗難の時から1年6か月後、Aは、盗まれた指輪がDのもとにあることを知り、
同指輪をDから取り戻したいと思っている。

この場合、Aは、Dに対し指輪の返還を請求することができるか否かについて、
必要な、または関係する要件に言及して、40字程度で記述しなさい。

————————————————————————————–

正解(例)とその背景


上記の行政書士記述式問題の正解例には、次のような回答が考えられます。

Aは、盗難の時から2年間、Dが支払った代価50万円を弁償すれば、
Dに指輪の返還を請求できる。
(43字)

この問題では、民法の第193条と第194条の知識の有無が問われています。
それらの条文から判断すると請求は認められます。
ちなみに問題文に合わせて、「(指輪の)返還を請求できる」という文言を入れることが
妥当な書き方となります。
また問題文に「1年6ヶ月」とあるため、
期限である「2年間」という条件も盛り込むことが望ましくなるでしょう。
最後に、指輪の代価については弁償する義務があるため、
金額まではっきりと出しながらその点を盛り込む必要も出てきます。

行政書士の記述式問題は、ある程度書き込まなければならない事柄がこのように決まってきます。
逆に言うと、受験者によってまったく正解が変わってしまうような出題が
なされることはありません。

文字数の制限も含めると、行政書士の記述式問題の内容は
(受験者がじゅうぶんに勉強して来ていれば)あまり迷う余地はない
といえます。
確かに記述式問題で苦しむ受験者は多いものの、いったんコツをつかんだら、得意分野にすることもできるといえるでしょう。



おすすめの通信講座ランキング

No.1:フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由。

詳細はこちら

No.2:LEC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

詳細はこちら

No.3:TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。

詳細はこちら