行政書士の補助者になる場合の実態とは

*

行政書士の補助者になる場合の実態とは

行政書士が開業して、安定した成功を手中におさめたら、
事務所を大きくしたり人を雇ったりすることもあるでしょう。
そのときにただの事務員や雑用係を雇う行政書士もいれば、補助者を雇う行政書士もいます。
行政書士の補助者になってみたいなら、どんな手順になるでしょうか? 

行政書士の補助者になる

行政書士の補助者の求人でありがちな条件とは? 


・年齢
行政書士の補助者になるにあたって、年齢等の条件はあまり重大なものではありません。
とはいえさすがに、年をとっていると雇われる機会は減ってしまうでしょう。
これは行政書士だから、補助者だからということではなく、
世間一般の就労の常識によるものです。

・資格やスキル
仕事の都合を考えると、よく外出する可能性はあります。
車で移動する機会も多くなる可能性がある(特に地方の場合)ため、
免許を持っていることと運転に慣れていることが前提となる可能性はあります。

また、事務作業の一環で、電話の受け答えや来客対応が発生することが多いため、
ビジネスマナーも求められる
でしょう。
学生やフリーター等で、正式に学んだ経験がない場合は、
どこかで研修でもうけたほうが妥当です。

・勤務形態
フルタイムではない募集も補助者の場合は多いですが(このため、行政書士の
受験勉強との両立が考えられるわけですね)
むしろまだ受かっていない人にとっては、「パートタイム」の「非正規雇用」のほうが
好都合でしょう。

※ちなみに正社員の募集もないわけでありませんが、
この場合は学歴やPC・語学のスキル等を求められるケースがあるようです。
もっとも正社員で就職する場合は、
ただの補助者というよりは行政書士合格者を含めた募集の可能性も高くなります。

行政書士の補助者の求人の事情


行政書士の補助者の求人はそんなにあるとはいえません。
単なる事務や雑用係の募集のほうがまだあるかもしれないくらいです。
ケースバイケースではあるものの、ハローワークをはじめ、
さまざまな求人媒体を使ってよく探さないといけない可能性は高い
です。
ないところではまったく見つからないといわれているくらいですから、
チャンスが出てくるまで長く待たされる可能性もあることは
覚悟しておいたほうがよいでしょう。

※また、給与をはじめとした待遇についても、あまり恵まれているとはいえません。
 フルタイムや正社員であっても、税込みの月給が20万を軽く超える程度になることも
 珍しくありません。受験者が非正規雇用で働く分にはもちろんそれでかまわないでしょうが、
 生活がじゅうぶんにできる待遇にはなるとは限らないことは
知っておいたほうがいいでしょう。



おすすめの通信講座ランキング

No.1:フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由。

詳細はこちら

No.2:LEC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

詳細はこちら

No.3:TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。

詳細はこちら