行政書士の自習をする場所を求める場合(PC・ネット環境のある商業施設だったら?)

*

行政書士の自習をする場所を求める場合(PC・ネット環境のある商業施設だったら?)

行政書士の受験勉強で大切なことに、受験勉強場所の整備・改善があります。
通学者でも、帰宅後の勉強は欠かすことができませんし、
自宅(自室)での受験勉強は行政書士受験者にとっては不可欠なものです。
それでも、自室にこもってばかりではストレスもたまるかもしれませんし、
たまには違う場所を使うことも悪くないものでしょう。
どんな場所が行政書士の自習場所の候補として考えられるか、個別に知っておくことも有益です

※なお、自宅以外で行政書士の自習をするといっても、通勤・通学中の電車・バスの中や、
昼休み中や食事時間中の合間の勉強といった例はここでは除外しています。

行政書士の自習を、PC・ネット環境のある商業施設でやるときのメリット


ネットカフェで勉強できるか
インターネットカフェや漫画喫茶も最近、行政書士の受験勉強を含めて自習環境として
よく使われているようです。これまた気分を変えたいときは有効ですし、
もちろん出先で急に時間ができて勉強したくなったときなんかにもうってつけ
でしょう。
店によってシステムやサービスは大きく変わりますが、個室が用意されている店もたくさんあり、
集中しやすい環境のひとつ
といえそうです。

また、最近はビジネス目的で使えるハイスペックなPCを用意している店も多くなり、
何かわからないことがあったときにすぐに調べられる点や、
DVDやCD、あるいはストリーミング動画といった教材を再生しやすい点が目を引きます。
また、飲食がしやすいところも多く、長時間の滞在も難しくありません。
実際に、24時間年中無休で営業しているところも多い
です。

行政書士の自習を、PC・ネット環境のある商業施設でやるときのデメリット


滞在時間に応じて利用料金が加算されていくシステムが多いです。
パック料金で使えるコースも増えていますが、コストパフォーマンスが良いとは限りません
最大のデメリットは、目の前にマンガやゲーム、そして高速のインターネット環境と
誘惑が多いことでしょう。すぐに遊んでしまうタイプの人には不向きだというわけです。

このほか店や席のタイプによっては、狭い場所で照明が暗い状況で
勉強せざるを得なくなることもあります。
また、開店場所や時間帯によっては混雑していることも多いですね。



おすすめの通信講座ランキング

No.1:フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由。

詳細はこちら

No.2:LEC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

詳細はこちら

No.3:TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。

詳細はこちら