行政書士の自習をする場所を求める場合(飲食店etc.だったら?)

*

行政書士の自習をする場所を求める場合(飲食店etc.だったら?)

行政書士の受験勉強で大切なことに、受験勉強場所の整備・改善があります。
通学者でも、帰宅後の勉強は欠かすことができませんし、
自宅(自室)での受験勉強は行政書士受験者にとっては不可欠なものです。
それでも、自室にこもってばかりではストレスもたまるかもしれませんし、
たまには違う場所を使うことも悪くないものでしょう。
どんな場所が行政書士の自習場所の候補として考えられるか、個別に知っておくことも有益です。

※なお、自宅以外で行政書士の自習をするといっても、通勤・通学中の電車・バスの中や、
昼休み中や食事時間中の合間の勉強といった例はここでは除外しています。

行政書士の自習を、飲食店etc.でやるときのメリット


勉強する場所を探す
ファーストフード店や喫茶店、あるいはファミリーレストランでは
よく参考書やノートを広げて勉強している人たちや、ノートPCやタブレット端末を
テーブルに置いて勉強ないし仕事に熱中している人たちをよく見かけます。
店によっては、こうした利用者が主たる客層となっている例もあるのが実情ですね。

何か注文しないといけませんが、気分を変える効果があることや出先で
勉強したくなったときに使いやすいためよく利用されています。
照明(薄暗いところもありますが)や気温・湿度といった条件については、
問題はめったに起きないでしょうし、飲食したくなったときにすぐに頼める点も好都合
です。
椅子の座り心地がいいところも少なくありません。

24時間運営の店の場合は、終電後のような時間帯になると朝までいられるケースもあり、
かなり静かな環境で集中できるケースもあります
(掃除の時間帯とはち合わせするケースもありますが)。

行政書士の自習を、飲食店etc.でやるときのデメリット


居心地のよさは結局のところケースバイケースです。
席が狭かったりテーブルがぐらついたり……といったケースもありますし、
かなり周囲がうるさいケースもあります

また、禁煙や分煙といった問題も起こるかもしれません。

最大のデメリットは、店側がいい顔をするとは限らない点でしょう。
特に、客が多い時間帯は「自習による長時間の席の独占」を禁じている事例が山ほどあります。
店に嫌われないように、気を使いながら使う姿勢が必要です。



おすすめの通信講座ランキング

No.1:フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由。

詳細はこちら

No.2:LEC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

詳細はこちら

No.3:TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。

詳細はこちら