行政書士の年収を確認するときの注意事項/二極化の噂の真相

*

行政書士の年収を確認するときの注意事項/二極化の噂の真相

行政書士の年収は、ピンキリだというのが実情です。行政書士の年収については
(他のページでも書いていますが)、大規模な調査や定期的なアンケートが
他の資格と比較してもあまり行われてきませんでした。
そのため、さまざまな噂や憶測が流れていることは否定できません。

報酬
その噂のひとつについてここで、検証してみましょう。
「行政書士の年収は二極化している」という噂や
「行政書士では食べていけない」といった噂もかなり前から出ていますが……。

行政書士の年収のデータには、なぜ数字の開きができるのか


確かに行政書士の年収には、総合的に見るなら極端な差があります。
上のほうを見れば、年収が4ケタ万円(1000万円以上、ときには数千万円クラス!)という
人目を強く引きつける成功例もあれば、年収が300万円にも満たない例もある

いわれています。
しかし、ここでまず誤解してはいけないのは、極度の成功例~失敗例の間があるということです。

やはり極端な成功にも目が行く半面、極端な失敗にも目が行ってしまうでしょうか? 
しかしその場合には次のようなケースを勘定にいれないと公平ではないでしょう。

・まだ1~2年目の、ルーキーとみなせるケース、
仕事を軌道に乗せていないケースが入っている
・定年者や主婦にたまに見られる、
副業的な(それだけで暮らしていくことを想定していない)ケースが入っている
廃業かそれに近い状態のケースが入っている

やはり、年収が300万円どころか、200万円以下や100万円以下、
あるいはゼロに近いケースがあることは事実ですが、
上述したように行政書士の年収に関してはいまだに信頼性の高いデータがありません。
真摯に、それも日常的に行政書士の仕事に取り組んでいる人たちだけで調べると、
年収のデータももう少し高めに、そして両極端ではなくなる可能性があります。

行政書士の年収を頭の中にイメージするときは……


やはり平均的な数値は450~750万円程度と考えるのが妥当でしょう。
それに、働き方によっても違います。
たとえば、行政書士合格後に何らかの形で社員等の立場になって
働く場合は極端な失敗例に当てはまってしまう恐れはまずありません。
それに開業する場合でも、堅実な経営と営業努力を行えば、
食べていけない年収にとどまってしまう恐れは大幅に回避することができる
はずなのです。
行政書士になっても、未来の見通しが悪いと気に病む必要はありません。



おすすめの通信講座ランキング

No.1:フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由。

詳細はこちら

No.2:LEC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

詳細はこちら

No.3:TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。

詳細はこちら