行政書士の学校や通信を受講すると、合格率はどこまで上がる?

*

行政書士の学校や通信を受講すると、合格率はどこまで上がる?

行政書士の勉強をするために、学校や通信講座を使うことはもはや日常茶飯事でしょう……
実際、独学を選ばない人はとてつもなく多いです。
ところで、学校や通信講座選びのときに、しばしば話題となるのは
それぞれの講座や会社の合格率
です。
それが気になるのは当然と言えば当然ですが、
チェックするときは大局的にその数字を見つめないといけません。

合格率

行政書士の学校・通信講座の受講者の合格率を見たいときは?


それぞれの学校や通信講座のパンフレットやWebサイトをチェックしてもいいのですが、
実は受講者の合格率を公表しないところもたくさんあります……
「行政書士講座の合格率をチェックしよう!」と思っても、出てこないことがザラでしょう。
そんなときは、教育訓練給付制度を利用できる学校・通信講座を探してみることもできます
(受講者の合格率等を記載していることがよくあるのです)。

行政書士の学校・通信講座の受講者の合格率をめぐる真実


上記の通り、合格率の数字は各学校・通信業者の発表を探したりハローワークで探したり
できますが……いずれにしても、その数字を見たときに愕然とするかもしれません。
何しろ、10~15%くらいかそれ以下に収まっていることもよくあるからです。
特にまだ行政書士のことをよく知らない希望者の場合は、その合格率の数字に
ショックを受けてしまう人も少なくないでしょう。

しかしこの数字は一概に低いとはいえません。
もともと10%にめったに届かない難関の試験です。
全国平均の1.5倍になったとしても、15%をまず超えることはないわけです。
10~15%の間の数字が並んでいると、がっかりしてしまうかもしれませんが、
それは、必ずしもそこの学校や通信講座の質が低いことを意味するのではありません。
むしろ、まったく公表していないところよりはましかもしれません
(「公表していない」=「合格者が少ない」という意味でもありませんが、念のため)。

行政書士の学校・通信講座の受講者の合格率は、こんな基準で見ていこう


端的に書くならば、全国平均の1.5倍以上の合格者を出していれば
そこそこ優秀なほうといってもいいでしょう。
全国平均の2倍以上(15%以上を大きく超えている場合)の合格者を出しているなら
相当にそこは優秀な学校or通信講座だとみなしてよい
はずです。
実際に、平成24年度の受講者の合格率が20%を超えたところもありました。
これから勉強をはじめる人には、そういったところで受講することが
おすすめであるといえそうです。



おすすめの通信講座ランキング

No.1:フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由。

詳細はこちら

No.2:LEC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

詳細はこちら

No.3:TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。

詳細はこちら