行政書士の学校といえば、いわゆる専門学校については? 

*

行政書士の学校といえば、いわゆる専門学校については? 

行政書士の勉強法として、通学という方法を希望する人は毎年たくさんいます。
いくつもの学校を、何ページも費やしながら紹介しているのは、まさにそのためです。

もっとも、当サイトで紹介してきた学校は、いずれも共通点があります。
もちろん知名度や評判の高さを基準にしていますが、それだけではありません。
「ほぼ全国各地にキャンパスを構えているかどうか」、この点もポイントにしています
(やはり、全国のどちらにお住まいの方にも役立つ情報を提供したいですから……)。

専門学校で資格の勉強
とはいえ、地域限定の学校もたくさんあるわけです。……このように書くとピンとくる人も
多いかもしれませんが、いわゆる専門学校の中にも、行政書士の受験指導を設けているところは
たくさんあります


行政書士の専門学校のよくある共通点とは? 


これらの専門学校に興味を持つ行政書士希望者もたくさんいることでしょう。
特に法律関係のコ-スを持っている専門学校なら、行政書士の受験勉強を教えてくれることも
珍しくありませんが、この場合はどんなことに注意したらいいでしょうか? 

・情報を収集するときに工夫が必要になる(こともある)
専門学校系のスクールとなると、校舎が複数あってもせいぜい限られたエリアに
少数しか設置していないことがほとんどです。
こうなると、情報集めのハードルは一気に高くなります。
現在は何かと、インターネットで(一瞬で)情報を探せる時代ですが、
ネット上でもローカルな話題を探すのは簡単だとは限りません
特に行政書士の学校となると、LECや大原といった大手の学校の話題ばかりが
出てくる傾向もあります。

かといって、情報をろくに調べずに入るのはやはり賢明な行為ではありませんね。
時間をかけて、地域の情報が集まりやすい媒体を探しながら、
通えそうな専門学校の行政書士のコースをよく調べていくほうが無難でしょう。

・費用が桁違いになる可能性もある
専門学校と呼ばれるところもピンキリなのは事実です。しかしよく知られているように、
いわゆる大学と同じくらいの費用がかかることもザラにありますね。

LECや大原といった有名な通学講座の場合、高くても30万円未満で済むことが常識ですが、
専門学校の場合、その2~3倍以上、ときには年間で100万円を超えることもよくあります。

このことは知っている人は先刻承知でしょうが、意外と気づいていない人もいるという話です。
学校というものに疎い場合は、そのあたりの事情を誤解しないようにしたいところです。



おすすめの通信講座ランキング

No.1:フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由。

詳細はこちら

No.2:LEC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

詳細はこちら

No.3:TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。

詳細はこちら