行政書士の大手の学校の通学・通信講座の特徴その1/大人の家庭教師トライ

*

行政書士の大手の学校の通学・通信講座の特徴その1/大人の家庭教師トライ

行政書士の学習方法として、資格の学校、それも大手の学校に通いたいと願う人は
少なくないでしょう……ここでは行政書士の特殊なサービス、「大人の家庭教師トライ」の
特徴を知りたいと願う人たちのために、その中身について個別にまとめておきます。
まずは教材についてです。

大人の家庭教師トライ

「大人の家庭教師トライ」の行政書士講座でよく使われている教材(テキスト関連)の特徴


「大人の家庭教師のトライ」では、校舎を持たないという指導方法を持っていることもあって
オリジナルのテキスト等は特に制作していません


もちろんテキストや問題集等をまったく使わない勉強方法を奨励しているわけではありません。
受講者ひとりひとりが、テキストにしても問題集にしても好きなものを使うことができます。
ようするにどんな教材を使うのかは、
各行政書士受講者の一存で決まるというわけですが、「大人の家庭教師トライ」側で
随時、テキスト等を提案してくることはあります

どんな教材を使ったらいいのかがまだわからない場合は、
そのことを最初の時点ではっきりと伝えて、教材の選定についてアドバイスを
受けたほうがよいでしょう。

ほとんどの通学講座や通信講座と違って、教材がデフォルトで送られてこないため、
「大人の家庭教師トライ」では、教材費が行政書士受講料とは別にかなり発生することに
なります。その点は申し込む前からよくわきまえておいたほうがよいでしょう。


⇒詳細・最新情報は公式サイトにてどうぞ



おすすめの通信講座ランキング

No.1:フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由。

詳細はこちら

No.2:LEC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

詳細はこちら

No.3:TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。

詳細はこちら