行政書士の大手の学校の通学・通信講座の特徴その1/K&S行政書士受験教室

*

行政書士の大手の学校の通学・通信講座の特徴その1/K&S行政書士受験教室

行政書士の学習方法として、資格の学校、それも大手の学校に通いたいと願う人は
少なくないでしょう。行政書士の大手の学校のひとつ、K&S行政書士受験教室の特徴を
知りたいと願う人たちのために、ここでは教材やサービスについて個別にまとめておきます。
まずはテキストや問題集ほか、印刷された教材についてです。

K&S行政書士受験教室

K&S行政書士受験教室の行政書士講座でよく使われている教材(テキスト関連)の特徴


・テキスト冊子は、科目単位で1~2冊程度準備されています。
・板書をプリントアウトしたものと、それを補足するためのレジュメを配布しています

(通信を選んだ場合はUSBメモリで配布されます。
ただし板書については最初からプリントアウトされています)。
・板書の内容は、図解による説明が中心です(まさに「板書」といった切り口の説明が中心です)。
 そのため余白等が多く、単調な白黒印刷ではあるものの見やすさでは優れています。

K&S行政書士受験教室の行政書士講座でよく使われている教材(問題集関連)の特徴


・問題演習については、通学と通信共通で「記述式ドリル」を用いて行います。
 データ配布する場合はPDF形式が採用されることがほとんどです。
・通学の場合はその場その場でもちろん指導を受けることができますが、
 通信の場合でも、いわゆる添削形式になっているため演習を通して実力の底上げを狙えます。
・通信の際の添削には回数の制限がありません。実力が身に備わるまで何度でも
提出することが可能で、指導を受ける回数にも制限はありません。

K&S行政書士受験教室の行政書士講座でよく使われている教材(その他)


オリジナルの問題集制作も別に行っています。こちらについては市販されているため、
受講生でなくてもインターネットショッピング等で手に入れることも可能です。


⇒詳細・最新情報は公式サイトにてどうぞ



おすすめの通信講座ランキング

No.1:フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由。

詳細はこちら

No.2:LEC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

詳細はこちら

No.3:TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。

詳細はこちら