行政書士の大手の学校の通学・通信講座の特徴その2/アビバ

*

行政書士の大手の学校の通学・通信講座の特徴その2/アビバ

行政書士の学習方法として、資格の学校、それも大手の学校に通いたいと願う人は
少なくないでしょう。行政書士の大手の学校のひとつ、アビバの特徴を
知りたいと願う人たちのために、教材やサービスについて個別にまとめておきます。

アビバ


行政書士講座受講時でよく利用されるサービスについて、アビバの場合は? 


※サービスの種類は基本的にどこの学校や教育機関でも途方もなく多いため、
よく話題になる一部のサービスを取り上げています。

アビバは、もともとはパソコンスクールとして有名な教育事業者でした。ある時期から
パソコン関連ではない資格も開講数を増やしています。

パソコンスクールとしての色彩が濃いことは、指導スタイルからもわかります。
アビバでは、行政書士受講生は原則として好きな日時に通学することができます
講師の生の講義にこだわった学習スタイルではなく、ひとりひとりのパソコン席を与えて、
そこで講義ムービーを再生しながら学習していくスタイル
を全面的に打ち出しているのです
(欠席広義の代替という意味合いではなくて、すべてをそのやり方で行う例は
まだ日本ではメジャーだとはいえません)。
当然、ムービーの操作も最新のテクノロジーはことごとく盛り込まれていて融通が利きます。

そのムービー講義については、回数が決まっているものの……
あくまでも「回数制」ではなくて「期間制」です。期間内なら何回でも再生できる点も特長です。

それにアビバでは全国各地に100以上の開講場所を擁しています。
「近所に、アビバの行政書士講座を利用できる場所があった!」という結果になるチャンスは、
その他のスクールよりもかなり多いものになるはずです。
結論としては、アビバでの行政書士の勉強は、地域や日程による拘束が他のスクールと比べて
かなり少ないということになります。


⇒詳細・最新情報は公式サイトにてどうぞ



おすすめの通信講座ランキング

No.1:フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由。

詳細はこちら

No.2:LEC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

詳細はこちら

No.3:TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。

詳細はこちら