行政書士の大手の学校の通学・通信講座の特徴その2/伊藤塾

*

行政書士の大手の学校の通学・通信講座の特徴その2/伊藤塾

行政書士の学習方法として、資格の学校、それも大手の学校に通いたいと願う人は
少なくないでしょう。行政書士の大手の学校のひとつ、伊藤塾の特徴を
知りたいと願う人たちのために、教材やサービスについて個別にまとめておきます。
ここでは音声型・映像型の教材、そして目玉となるサービスついてです。

伊藤塾

伊藤塾の行政書士講座でよく使われている教材(音声型・映像型)の特徴


○教材を再生できる環境
・映像ダウンロード(Web)

通信講座を選んだ場合は当然のことながらWebでの動画配信を主体とした学習スタイルに
なりますが、伊藤塾の場合は通学による行政書士受講者にも
原則としてWebの動画によるフォローが付きます

講師は黒板の直前に陣取って話す撮影スタイルになることが多いですが、
講師の姿を見るだけの時間はそんなに長くないことが多い様子です。デジタル技術で
画面を編集して、テキストのクローズアップを挿入したり、見取り図や図解を挿入したり
する
時間が非常に目立ちます(以前と比べても長時間化しています)。

行政書士講座受講時でよく利用されるサービスについて、伊藤塾の場合は?


※サービスの種類は基本的にどこの学校や教育機関でも途方もなく多いため、
よく話題になる一部のサービスを取り上げています。

・全国講演会
各地の「代々木ゼミナール(大学受験等の予備校として有名です)」の校舎を借りて
講演会
を行い、おすすめの勉強法をはじめ貴重な情報を大量に伝授しています。
伊藤塾の現職の行政書士講座の担当講師が講演するため、毎回多数の出席者から
申し込みが殺到しています。

・行政書士 合格ゼミ
数名から20名程度の限定された出席者だけで行う、特別な授業を不定期に開講しています
開催場所も限定されているため受講できる可能性は高くはありませんが、
出席できたときはよそでは与れない特別な学習のヒント等を受け取ることも可能です。


⇒詳細・最新情報は公式サイトにてどうぞ



おすすめの通信講座ランキング

No.1:フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由。

詳細はこちら

No.2:LEC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

詳細はこちら

No.3:TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。

詳細はこちら