行政書士の大手の学校の通学・通信講座の特徴その1/LEC

*

行政書士の大手の学校の通学・通信講座の特徴その1/LEC

行政書士の学習方法として、資格の学校、それも大手の学校に通いたいと願う人は
少なくないでしょう。行政書士の大手の学校のひとつ、LECの特徴を知りたいと願う人たちの
ために、ここではLECの教材やサービスについて個別にまとめておきます。
まずはテキストや問題集ほか、印刷された教材についてです。

lec

LECの行政書士講座でよく使われている教材(テキスト関連)の特徴


・原則としてモノクローム印刷、図解は随時挿入されています。
・項目ごとに、事例を取り上げながら解釈を加えていくパターンになっています。
これによって知識がない受験者でも楽にイメージを頭の中に描くことができます。
・本試験で出題された問題について、必ず取り上げる
(長文で無理がある場合は、その番号等だけでも紹介します)ようにしています。
欄外でも、過去10年間の出題された形跡を簡潔に示したり、豆知識を入れたりして、
受験者の役に立つ構成を目指しています。

LECの行政書士講座でよく使われている教材(問題集関連)の特徴


毎回の講座ごとに「確認テスト」があるほか、科目単位で「答練」が作成されています。
・左ページに問題が記載され、右ページにその解答と解説が記載されるという
見開きで使う構造になっています。
・テキストとの連携もしっかりしています
(テキストのどこを読んだらいいのかすぐわかるようにページ数も記載しています)。

LECの行政書士講座でよく使われている教材(その他)


・六法について
近年特に力を入れて編纂しています。
特に行政書士の受験勉強でしばしば困難な作業となりがちな条文の読み込みが
楽になるように編纂しています。2冊にまとめてあるため取り扱いの際にかさばらないほか、
マーカー等を使って覚えようとするときに便利なページ構成にもなっています。

・記述式問題専用のテキスト
最近、このタイプの教材にも注力しています。
記述式問題をうまく書けなくて苦しむ受験者が多いことは周知の事実ですが、
LECではその対策ができる行政書士用テキスト(問題集の機能も持っています)を
つくりました。
書き方のアドバイスからはじまって、最新の記述式問題の特徴を盛り込んだ解説が
記載されている点は見逃せない強みでしょう。


⇒詳細・最新情報は公式サイトにてどうぞ



おすすめの通信講座ランキング

No.1:フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由。

詳細はこちら

No.2:LEC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

詳細はこちら

No.3:TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。

詳細はこちら