行政書士の大手の学校の通学・通信講座の特徴その1/日本ビジネス法研究所

*

行政書士の大手の学校の通学・通信講座の特徴その1/日本ビジネス法研究所

行政書士の学習方法として、資格の学校、それも大手の学校に通いたいと願う人は
少なくないでしょう。行政書士の大手の学校のひとつ、日本ビジネス法研究所の特徴を
知りたいと願う人たちのために、ここでは教材やサービスについて個別にまとめておきます。
まずはテキストや問題集ほか、印刷された教材についてです。

日本ビジネス法研究所

日本ビジネス法研究所の行政書士講座でよく使われている教材(テキスト関連)の特徴


・法令科目のテキストはオリジナルです。しかし広い出題範囲からポイントを厳選して
 編纂しており、他のテキスト等を買わなくてもよい
ように意図しています。
・「一般教養」用のテキストがあります。「社会科学」「自然科学」「人文科学」と、
 大学の一般教養科目に倣った分類をしている点がユニークです。
 一般知識科目の対策がはかどるように、学習のきっかけとなる点を大量に盛り込んでいます。

※冊数は決して多めではなく、ページ数も100ページ前後とそれほどの重量ではありませんが、
 そのわりにはぎっしりと大事な部分が凝縮されています(その特徴は、
日本ビジネス法研究所の以下の他の行政書士の教材にも共通しています)。

日本ビジネス法研究所の行政書士講座でよく使われている教材(問題集関連)の特徴


・過去問題集もしくは、項目別の問題集&解説が使われます。
法令科目と一般教養(≒一般知識科目)で1冊ずつ配布されます。

日本ビジネス法研究所の行政書士講座でよく使われている教材(その他)


・六法について
 オリジナルの六法が配布されますが、1冊にコンパクトに編纂されているため
 使いやすさでは定評があります。

※こちらの内容は、平成26年2月時点での情報をもとにしています。
 細部が変わる可能性は随時あります。また、講座によっても教材に細かな違いがあることは
 承知の上でご覧ください。



おすすめの通信講座ランキング

No.1:フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由。

詳細はこちら

No.2:LEC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

詳細はこちら

No.3:TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。

詳細はこちら