行政書士の大手の学校の通学・通信講座の特徴その1/大栄

*

行政書士の大手の学校の通学・通信講座の特徴その1/大栄

行政書士の学習方法として、資格の学校、それも大手の学校に通いたいと願う人は
少なくないでしょう。行政書士の大手の学校のひとつ、の特徴を知りたいと願う人たちの
ために、ここでは大栄の教材やサービスについて個別にまとめておきます。
まずはテキストや問題集ほか、印刷された教材についてです。

大栄

大栄の行政書士講座でよく使われている教材(テキスト関連)の特徴


・法令科目単位で構成されています。持ち歩いて勉強する社会人受験者も少なくありません。
・条文等の(読みやすくするための)書き換えが見事だとよくいわれますが、
 説明の部分の文章もかなりわかりやすくされています。
講師が作成メンバーに入っているため、講義を受講するときの学習効果は
 非常に高いものになります。講師が教えてくれるポイントとテキストのポイントも
 ほぼ完全に一致
します。

大栄の行政書士講座でよく使われている教材(問題集関連)の特徴


・過去問と予想問題の組み合わせが絶妙です。過去問を一定のレベルで
 解けるようになり、研究も進行した段階でスムーズに予想問題の演習をはじめられます

・科目ごとの予想問題をじゅうぶんに説いたあとに、
 試験の予行演習にみっちりと取り組めるようになっています。
 試験本番になっても迷わず解答ができた、と感想を漏らす受験者は多いです。
受験者がよく犯しているケアレスミスについてもフォローされています。

大栄の行政書士講座でよく使われている教材(その他)


・講義ノート
特にDVDで、通信形式で受講をする場合は、講義ノートが前もって用意されている可能性が
あります(大栄の講座も随時変化しています。実際にノートがあるかどうかは、
受講時にその都度確認する必要がありますが)。
いちいちノートをとりながらDVDを見たくないという人にはぴったりです。


⇒詳細・最新情報は公式サイトにてどうぞ



おすすめの通信講座ランキング

No.1:フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由。

詳細はこちら

No.2:LEC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

詳細はこちら

No.3:TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。

詳細はこちら