行政書士の大手の学校の、通学・通信講座のリスト/K&S行政書士受験教室

*

行政書士の大手の学校の、通学・通信講座のリスト/K&S行政書士受験教室

行政書士を勉強するなら、本格的な資格の学校で学びたいと考えることはよくあることです。
昨今の行政書士は、何かと注目の資格でもありますから、大手の学校だったら
通学講座・通信講座併設の構えで指導に熱中しています。
そのタイプの学校についても個別に取り上げておきましょう。
ここではK&S行政書士受験教室で開講されている(主力の)行政書士の講座について
まとめました。

K&S行政書士受験教室

K&S行政書士受験教室が継続的に開講する、初級者向け行政書士講座


・新・かせ法学小教室
 45~50万円程度
 少人数形式の通学型講義です。そのため、他の通常の通学講座と違い、
大教室で講義を行うというものではありません。個人指導に近いスタイルになるため、
講義中に質問を挟むことが容易
にできます。わからないことを
つぶさに解消できるというメリットが光ります。

科目ごとに分割することも可能です(その場合は)5~20万円程度で申し込みが可能です。

最新の情報ではK&S行政書士受験教室は、これ以外の行政書士講座については
すべて通信制にするというスタンスをとっています。

・合格講義・本科生コース
 10~12万円程度
 この「本科生コース」では全範囲をまるごと申し込むことになりますが、
科目単位で申し込むこともできます
(その場合は、「単科生コース」というカテゴリになります)。
単科生コースの場合は、1~5万円程度で申し込みが可能です。


K&S行政書士受験教室が継続的に開講する、中~上級者向け行政書士講座


・記述対策・演習講座
 4000~5000円程度
 名前の通り、記述式問題をなかなかうまく書き出せないタイプの受験者のための講座です。

・文章理解マスター講座
 2000~3000円程度
 一般知識科目の文章理解について、特別な対策を受けたい受験者のための講座です。


⇒詳細・最新情報は公式サイトにてどうぞ



おすすめの通信講座ランキング

No.1:フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由。

詳細はこちら

No.2:LEC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

詳細はこちら

No.3:TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。

詳細はこちら