行政書士の大手の学校の、通学・通信講座のリスト/大栄

*

行政書士の大手の学校の、通学・通信講座のリスト/大栄

行政書士を勉強するなら、本格的な資格の学校で学びたいと考えることはよくあることです。
昨今の行政書士は、何かと注目の資格でもありますから、大手の学校だったら
通学講座・通信講座併設の構えで指導に熱中しています。
そのタイプの学校についても個別に取り上げておきましょう。
ここでは大栄で開講されている(主力の)行政書士の講座についてまとめました。

大栄

大栄が継続的に開講する、初級者向け行政書士講座


初心者コース
 20~22万円程度
 何も知らない初心者でも、ドロップアウトせずついていけるような、
 簡単さとわかりやすさが重視された講座です。
 読みづらい条文も口語体に書き換えられているほか、身近な具体例まで多数挿入されています
 基礎を着実に吸収していけるカリキュラムも内包しています。

行政書士本科講座
 15~20万円程度
 上記の初心者向け講座とほぼ同様に、条文を口語体に改めたり具体例を引用したり……、
 そして基礎をわかりやすく体系化している講座ですが、
 学習を経験した人も対象となっています。
 問題演習や簡単なテストを大量に行うことも大きな特徴です。
 顕著な点としては、裏があるような難問やひっかけ問題を、わかりやすく
 解説してくれる
など、ところどころにとても親切なサービスが入ってくる点でしょうか。 

(大栄が継続的に開講する、番外編的な行政書士講座)


行政書士答練講座
 6~8万円程度
 予想問題を体系化した講座で、試験勉強が順調に進行したら途中から受けるとよい講座ですね。
 3ヵ月程度の短期間がいい……という行政書士受験者にも、大栄はこの講座を
 受講させてくれます。問題の質や中身も優れていますが、試験本番の時間的余裕のなさを
 見越して、時間を無駄にしないための特訓も盛り込まれています。


⇒詳細・最新情報は公式サイトにてどうぞ



おすすめの通信講座ランキング

No.1:フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由。

詳細はこちら

No.2:LEC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

詳細はこちら

No.3:TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。

詳細はこちら