行政書士の大手の学校の、通学・通信講座のリスト/大原

*

行政書士の大手の学校の、通学・通信講座のリスト/大原

行政書士を勉強するなら、本格的な資格の学校で学びたいと考えることはよくあることです。
昨今の行政書士は、何かと注目の資格でもありますから、大手の学校だったら
通学講座・通信講座併設の構えで指導に熱中しています

そのタイプの学校についても個別に取り上げておきましょう。
ここでは大原で開講されている(主力の)行政書士の講座についてまとめました。

大原

大原が継続的に開講する、初級者向け行政書士講座


完全合格コース
 16~20万円程度
 大原の全講座の「中心的存在」かもしれません。
 科目ごとに基礎のインプットと問題演習のアウトプットを
 繰り返させてくれる構造になっています。

入門完全合格コース
 16~20万円程度
 上記の「完全合格コース」と共通する部分が多いですが、
 「入門編」といったネーミングになっている通りで、受験において必須となる
 法律知識の土台を形成させてくれるカリキュラムになっています。

速修合格コース
 15~17万円程度
 春先くらいからの受験勉強開始計画でも、間に合うように
 (それも、初学者も含めてのことです)無駄のない勉強をさせてくれる講座です。

大原が継続的に開講する、中~上級者向け行政書士講座


上級合格コース
 15~18万円程度
 必須用語の説明といったコンテンツを省略して、問題演習の比重をその分たっぷりと
 増やしている講座です。他の資格で採用されている問題集からも、
 問題を一部引用している
点(「パワーアップ問題集」が、そうです)がユニークです。
 

(大原が継続的に開講する、番外編的な行政書士講座)


コンパクトコース
 5~6万円程度
 紙に印刷された教材・資料だけが配送されてくる通信講座です。
 通学する必要を感じない、映像や音声の教材を使って
 講義を見たり聞いたりする必要を感じない人向けの講座です。


⇒詳細・最新情報は公式サイトにてどうぞ



おすすめの通信講座ランキング

No.1:フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由。

詳細はこちら

No.2:LEC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

詳細はこちら

No.3:TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。

詳細はこちら