行政書士の大手の学校の、通学・通信講座のリスト/TAC

*

行政書士の大手の学校の、通学・通信講座のリスト/TAC

行政書士を勉強するなら、本格的な資格の学校で学びたいと考えることはよくあることです。
昨今の行政書士は、何かと注目の資格でもありますから、大手の学校だったら
通学講座・通信講座併設の構えで指導に熱中しています

そのタイプの学校についても個別に取り上げておきましょう。
ここではTACで開講されている(主力の)行政書士の講座についてまとめました。

tac

TACが継続的に開講する、初級者向け行政書士講座


講義を行ったあとに、ミニテストや答練を合間にはさむなどの構造をとることで、
「知識がどこかへいってしまう」という無駄な結果になることを予防するスタイルを
軸としています。

・総合本科生
 18~20万円程度
 全受験者を対象としています。初心者はむろんですが、
 独学等の経験者で、やってきたことを見直したいタイプにも適したコースです。

・総合本科生L
 20~22万円程度
 入門編として基礎をがっちりと身につけさせてほしい受験者、特に初心者向けのコースです。

・速修本科生
 15~18万円程度
 最長でも6~7ヶ月程度の、タイトなスケジュールで合格を目指せるコースです
 (経験がない希望者も含めた講座です)。集中的に勉強できる人向けです。


TACが継続的に開講する、中~上級者向け行政書士講座


中~上級者向けの行政書士講座も、初心者向けの講座と第一印象は似ていますが、TACでは
勉強の土台ができている人の事情を検討しながらカリキュラムをつくっています。

・実力養成本科生
 12~14万円程度
 独学のような行政書士の勉強の経験なり、
 前回までの行政書士の受験の経験なりがある人向けのコースです。
 問題を解くことに比重が置かれているため、
 「基礎からやり直す必要がない人」向け、となっています。

・実力養成本科生L
 15~18万円程度
 完全に経験者向けのコースです。特に再チャレンジ組にはうってつけです。
 基礎力も応用力も鍛えてほしい人がよく受講している様子です。


⇒詳細・最新情報は公式サイトにてどうぞ



おすすめの通信講座ランキング

No.1:フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由。

詳細はこちら

No.2:LEC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

詳細はこちら

No.3:TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。

詳細はこちら