行政書士の合格体験談(通信講座受講者が受験勉強をざっと振り返って)

*

行政書士の合格体験談(通信講座受講者が受験勉強をざっと振り返って)

行政書士の勉強法のどれを選ぶかは、受験者個人の選択です。もちろんどの方法でも合格の
チャンスはあります。そこで、通学・通信・独学のそれぞれの合格体験談を語ってもらうことに
しました(募集をかけた上で、名乗り出てくださった方に協力していただきました)。
ここでは通信受講者の行政書士受験体験談です。

通信講座の合格体験談

行政書士の勉強法を通信にした背景については? 


行政書士を受けようと思ったとき、学校に通うのは到底不可能でした。
最初は、学校に入らないとダメだろうと思ってたから、近くの学校のどこかに、
私のスケジュールに合ったクラスがあるだろうなんて楽観してたんです。
でもよく見たらぜんぜんダメだってわかりました。仕事の時間と合わないんです……
それか、年に40万くらいかかる学校だったりして予算オーバーでした。

仕方ないから、しぶしぶですけど通信講座で妥協することにしました。
最初目星をつけていた学校の通信課程にしようかと思ったんですけど、
途中で通信講座だけの会社もあることに気づきました。
10万円しないところもあると聞いて、その安さに心配も感じたんですけど、
「安くても受かるところもある」という体験談をネット上の質問所とかで聞いたんで……

安くても期待できそうなところを探すことにしました。

実は通信講座の行政書士の教材をネット上で比べたり、パンフを集めて比べたりしたんです。
そうしたら、わかりやすそうなテキストや問題集、それからDVDをつくっているところと
そうでないところの違い
がわかったんです。DVDなんかのチェックは、
ネット上で一部公開しているところが多い
時代で助かりました。

通信という勉強法を実際に行った結果については? 


最初は、あまり大きな会社じゃないということでその通信を選んだ当初は
ちょっと心配もありました。でもそれは杞憂でしたね。小さな会社だからこそ、
かえって親身になって教材と勉強のメニューをつくってくれている
のがわかったんです。
通信講座だと、全部家でひとりで勉強するから、教材だけで全部が分かるようにしてくれてる
会社もあるわけです(まあ、全部がそうとはいえませんが……私が選んだ某社は
まさにその通りでしたよ!)。

行政書士の受験を振り返って、通信という勉強法の有効性については? 


私の体験からいえることは、行政書士の勉強は時間も大事ですけど中身も大事です。
中身を濃くするには、わかりやすくて長続きしやすい教材を使うことがおすすめだと思います。
通信だったらやっぱり教材だけが頼りですからね。

できるだけわかりやすいことはもちろんですけど、見たときに早目に理解できる工夫が
されている教材や、毎日じっと取り組んでいても飽きてこない工夫がされている教材

いちばんだと思います。私が使った教材は、テキストもカラフルで、図解も盛りだくさんで
使いやすかったですし、DVDもTVを見ているみたいな迫力がありましたよ。



おすすめの通信講座ランキング

No.1:フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由。

詳細はこちら

No.2:LEC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

詳細はこちら

No.3:TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。

詳細はこちら