行政書士の合格体験談(独学者が受験勉強をざっと振り返って)

*

行政書士の合格体験談(独学者が受験勉強をざっと振り返って)

行政書士の勉強法のどれを選ぶかは、受験者個人の選択です。もちろんどの方法でも合格の
チャンスはあります。そこで、通学・通信・独学のそれぞれの合格体験談を語ってもらうことに
しました(募集をかけた上で、名乗り出てくださった方に協力していただきました)。
ここでは独学者の行政書士受験体験談です。

独学合格者

行政書士の勉強法を独学にした背景については? 


僕が行政書士に受かったのは、2年目でした。3年受けてもダメならあきらめたほうがいい、
といううわさを聞いていたので、2回目の本試験の日は内心ヒヤヒヤしてましたけど。

僕は就職活動がうまくいかなくて第二新卒に、さらにフリーターみたいになってしまった
クチです。ニートになりかけていた矢先、行政書士というありがたい資格があると聞いたのが
受験の動機です。幸い時間はたっぷりあるんで、独学することにしました……
でもやっぱりなかなかうまくいかなかったですね。

独学という勉強法を実際に行った結果については? 


行政書士は、働きながらでも数ヶ月で受かる事例が大量にあると最初聞いたんです。
そこで、バイトと就職活動以外にはすることがない実家暮らしの僕なら、
独学でも行けるだろうとたかをくくってしまいました。
テキストや問題集や六法を買い集めて地道にはじめたんですけど、これがなかなか
先へ進めない(笑)。そうこうするうちに、最初はわからなくても全範囲を一周したほうがいい、
と小耳にはさんだんです。それをやろうとしても、まだなかなかうまくいかなくて……
問題を解く練習もはかどりませんでした。
結局1年目は、ぜんぜん合格できるレベルにならなくて、
途中から翌年に照準を当てることに決めました。

まあ2年目も実は順風満帆ではなかったです。やっぱり家で地道に勉強を
ひたすら続けるのはつらいし、遊んじゃった時期もありました。
僕の独学にはずみがついたのは、現職の行政書士の方と偶然知り合って、仕事のことを聞いて
刺激を受けたことと、受験の経験談も聞いてヒントをつかんだこと
がきっかけです。

2年目もお金に余裕がないんで独学を完全に変えるわけにはいかなかったんですけど、
単科の通学講座や通信講座を使ったりして、弱点をカバーする方法を
覚えたり、メールマガジンに登録したりして、情報をいち早くキャッチするように
がんばりました。独学だと、最新の受験情報にも疎くなっちゃうことがありますけど、
いろんな方法を使ってとり残されないようにする必要がありますね。

行政書士の受験を振り返って、通学という勉強法の有効性については? 


いちおう独学を基本の勉強方法にしながら何とか2回目で行政書士に受かりましたけど、
独学はやっぱり時間がある人でも楽じゃないです。完全な独学にこだわらないようにして、
状況に合わせていろいろなサービスを取り入れたほうがいいと思います
ね。
そのためにお金を惜しむのはもったいないと思います。



おすすめの通信講座ランキング

No.1:フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由。

詳細はこちら

No.2:LEC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

詳細はこちら

No.3:TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。

詳細はこちら