行政書士の受験で、暗記用の教材が役立つときとは? 

*

行政書士の受験で、暗記用の教材が役立つときとは? 

行政書士の受験で登場する教材は、細かいものも入れるとかなりの種類があります。
ここでは行政書士の暗記専用の教材がどれくらい必要なのか、どう使っていくと
いい結果になりそうなのかを検証していきましょう。

暗記教材

行政書士の暗記専用の教材の中身


市販されている行政書士の教材にもさまざまなものがあり、
中には特別な用途でつくられている品もけっこうあります。
そのひとつに、よく試験に頻出するとされている部分に関連して、
いろいろな用語や概念等を正確に暗記する作業を助ける
ためのものがあります。

※昔から、日本では暗記という単調でつらい作業を助けてくれる教材は
さかんにつくられてきたようです。高校受験や大学受験、あるいは英語の試験用のために、
大切な用語や単語、熟語等を暗記するための教材
(たとえば「豆単」や「出る単」といった教材はロングセラーになってきました)を
思い出してみましょう。

行政書士の受験勉強で、具体的に暗記専用の教材をどう使うのか?


こうした教材については、なくてはならないというほどの重要性はありません。
しかしあればやはり、役に立つ可能性はありますね。
行政書士の試験でもやはり、覚えにくい用語や紛らわしい用語はいろいろと出てきます。
それから、法令の概念は丸暗記というわけにはいきませんが、
整理して覚える必要性がとても高いものです。

こうした作業がうまくいかないようなときは、手に入れるとよいでしょう
(やはり、必要を感じたときに買う程度でもOKでしょう)。
自宅学習中に使うのもいいですが、外出中に暇を見つけて使うという方法が
よく受験者の間で行われています。

※暗記専用ということもあって、市販されるときは
 「版型が小さめであったり、分厚くなかったりと、持ち運びやすいサイズ」
 ……と、なっていることが多いようです。
 これはすなわち、安価に落ち着くことが多いということでもありますね。
 

※ここで大事なことは? 
 最近は、モバイルサイト等でこうしたサービスを提供する業者が増えました。
 つまり、「いつどこにいても、時間ができたときに使える」というメリットがありますし
 単純な暗記作業は、やはり出先での勉強に向いているためです。
 学校や通信講座を使うときは、こうしたサービスを登録するだけで
利用できることがあります。



おすすめの通信講座ランキング

No.1:フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由。

詳細はこちら

No.2:LEC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

詳細はこちら

No.3:TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。

詳細はこちら