行政書士の受験で、六法全書の必要性はどれくらい? 

*

行政書士の受験で、六法全書の必要性はどれくらい? 

行政書士の受験で登場する教材は、細かいものも入れるとかなりの種類があります。
ここでは行政書士の六法全書がどれくらい必要なのか、
どう使っていくといい結果になりそうなのかを検証していきましょう。

六法全書

行政書士の六法全書を使う前に知っておきたいこと


六法全書とは? 憲法や民法といった、現在の日本の法令の中でも
とりわけ中心的な役割を担っている法令を6種類ほど集めている辞書ですね。

行政書士試験では、たくさんの法令をもとに問題が出されます……六法全書があると、
そうした法令を確認する上でかなり役に立つことがあります。

とはいえ、絶対に持っていないと受からないというわけではありません。
※合格者を多めに輩出している学校や通信講座にしても、
教材一式の中に六法、あるいはそれに近い品を用意していないケースもけっこうあるようです。
……用意されていれば、迷う必要はなくなって助かりますが。

それでも六法があったら、何かと味方になってくれることは事実です。
それでは、自分で探して手に入れる必要がある場合だったら、
どうしたらいいでしょうか? 

ポイントは、行政書士受験用に編纂された品を選ぶことです。
オーソドックスな六法では、分厚すぎますから、
手にとって使うだけでもわりと苦労させられる可能性があります。
そして、行政書士とあまり関係がない法令もたくさん入っています。

行政書士受験用のミニ六法が市販されている時代ですから、
個別に買うのだったらそれを使うとよいでしょう。

※いうまでもないことですが、
最新版(最新の法改正に対応したもの)を買わないといけません。
古書店等で安い品を買って使うことはNGです。

行政書士の受験勉強で、具体的に六法をどう使うのか?


行政書士の受験勉強中は、いやでも法令が出てきます。ただし、テキスト等に
法令がそのまま書いてあるとは限りません。むしろ、「第●●●条」といったように
引用元だけ書いてあることがよくあります。

基本的には、こうしたときに法令の条文を直接読んで使います。
つまり、テキストや問題集だけではあまりよくわからないときに
条文から読んで理解の足しにする
わけです。

※ここで大事なことは? 
いちいち六法を開けていたのでは時間がかかりすぎます。全部の引用元をさかのぼる必要は
ありません。
また、法令をそのまま書き写すような作業をする人もたまにいるようですが、
それはあまり意味がありません。そもそも法令を正確に暗記する必要は
(一部の例外を除いて)あまりないのです。

テキストの使い方でもふれていますが、

・数回読み返す機会を設ける形で、だんだんと頭が理解できるように仕向ける

これが大事です。

そして、

・法令の理解が特に重要な範囲に取り組むときに、要点を正確に理解し、覚える

これがもっと大事ですね。

憲法や記述式の問題については、法令からの深い理解が特にカギを握ることがあります
 こうした範囲については、一字一句を正確に覚えるようなことをするのもよいでしょう。



おすすめの通信講座ランキング

No.1:フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由。

詳細はこちら

No.2:LEC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

詳細はこちら

No.3:TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。

詳細はこちら