行政書士の受験で、ガイド・入門編のような教材が役立つときとは?

*

行政書士の受験で、ガイド・入門編のような教材が役立つときとは?

行政書士の受験で登場する教材は、細かいものも入れるとかなりの種類があります。
ここでは行政書士の受験で、ガイドや入門用の教材がどれくらい必要なのか、
どう使っていくといい結果になりそうなのかを検証していきましょう。

入門編

行政書士の、ガイド・入門編のような教材の中身


市販されている行政書士の教材にもさまざまなものがあり、
中には特別な用途でつくられている品もけっこうあります。
そのひとつに、何もまだ行政書士のことを知らない受験者を想定している
「ガイド」「入門編」といったニュアンスの冊子(あるいは、CDやDVD等)があります。

これは、行政書士という仕事内容がまだ世間でよく知られていない職業について、
そして難解な行政書士の受験勉強について、
極力わかりやすい内容でひと通りのことを教えてくれる
ものです。

あくまでも「わかりやすさが命」の教材ですから、
冊子型の場合はコミックになっていたり、そこまでいかなくてもわかりやすいイラストでいっぱいになっていたりする例もあります。
映像型の場合は、アニメが入っていることも珍しくありません。

行政書士の、ガイド・入門編のような教材の用途とは?

こうした教材はもちろん役に立つことがあります
(ないと受からないなんてことはありませんが)。

これがどれくらい必要かは人によって異なります。
行政書士の普通のテキストを読み比べているときに、
それも「わかりやすい」と折り紙つきの商品を読んでいるようなときなのに、
なかなか目が慣れなかったり、頭に入ってこなかったりするような場合
は、
こうした教材をまず手に取ってみるという手も有用でしょう。

※ここで大事なことは? 
 この手の教材は、市販されている場合はかなり安いことが多いようです。
 単発で購入するにしてもあまりコストになりません。
 必要を感じたら買う程度でもOKでしょう。

 つまり、「こうした教材があるかどうか」で
 学校や通信講座を選ぶようなことはあまりする意味がない、ということです。
 学校や通信講座を、教材の内容を参考にしながら選ぶときは
 もっとメインの教材に目を向けるべき
です。

 よほど行政書士の勉強に自信がないときは、こうした教材があるかどうかを
 優先事項にしてもかまいませんが、経験のない受験者の大半にとって
 そういったことをする必要はあまりないと思われます。



おすすめの通信講座ランキング

No.1:フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由。

詳細はこちら

No.2:LEC

通信専門ではなく、受講料は高価ですが、その分だけ充実した講師陣とサポート体制を備えています。

詳細はこちら

No.3:TAC

教材の豊富さと実績が特徴。学習量は多くなるので負担は大きいですが、その分だけ丁寧なカリキュラムです。

詳細はこちら